2月17日/ABNアムロ世界テニス・トーナメントの決勝戦まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、豊川です!

2月17日はロッテルダムオープンの決勝戦が行われます。

第1シードの錦織は敗れてしまいました。

錦織に勝利したS.ワウリンカと準決勝でメドベージェフに勝利したG.モンフィスとの決勝戦です。

今回は決勝戦が行われる2月17日の試合結果について紹介します。

2月17日の試合結果について

★決勝戦(センターコート)

S.ワウリンカ    3┃6┃2

G.モンフィス  6┃1┃6

決勝戦の試合内容について

S.ワウリンカ VS G.モンフィス

決勝戦はスタン・ワウリンカとガエル・モンフィスの戦いでした。

世界ランク41位のワウリンカと世界ランク23位のモンフィスのバトルです。

2人はとても仲良しで知られ、よく一緒に練習する間柄です。

どちらが勝ってもおかしくない実力同士の対戦ですね。

対戦成績は2勝3敗でモンフィスが負け越しています。

 

結果はセットカウント2-1(6-3、1-6、6-2)でモンフィスがシーソーゲームを制しての勝利。

モンフィスはロッテルダムオープン初の優勝となりました。

 

第1セット:(G.モンフィス)6-3

第1セットはモンフィスが主導権を握り、2回のブレークを制して第1セットを取りました。

予測が出来ないモンフィスの動き、プレースタイルが存分に出たセットでした。

両者のストロークでのラリーは見ごたえがありました。

ワウリンカのバックハンドにモンフィスが上手く対応していた印象です。

また、モンフィスはネットプレーも上手く活用しワウリンカを揺さぶっていました。

モンフィスは第3ゲームでブレークし、勢いに乗ります。

互いのキープが続き、第9ゲームで2回目のブレークに成功し第1セットを取ります。

モンフィスはベースラインより前に、ワウリンカはベースラインより後ろでの立ち位置が多かったです。

モンフィスはより攻撃的に、ワウリンカは守備的な印象を受けました。

第5ゲーム:15-15で見せた前に出てきて思いっきりボールをコートに叩きつけるショットにはモンフィスらしさが出ていたのではないでしょうか。

「スラムダンクショット」なんて呼ばれています。

第2セット:(G.モンフィス)1-6

第1ゲームの15-15から逆クロスでのラリーは見ごたえがありました。

第2セットは打って変わってワウリンカのペース。

第1ゲームからブレークに成功し、4ゲーム連取に成功。

まさかのベーグルがあるかと思いましたが、モンフィスは何とか1ゲームをキープするのが精いっぱいで第7ゲームでもワウリンカがブレークに成功。

ワウリンカは3回のブレークに成功し、第2セットを奪取。

モンフィスのネットプレーに上手く対応していたと思います。

 

第4ゲームではワウリンカのスーパープレイが出ました。

https://twitter.com/ATP_Tour/status/1097164274072469504

第3セット:(G.モンフィス)6-2

第1ゲームから凄まじいラリー戦がありました。

第3セットはモンフィスが2回のブレークに成功。

2~4、6~8と3ゲーム連取が2回ありました。

ワウリンカのミスもあり、モンフィスが第3セットを奪い優勝となりました!

モンフィス ワウリンカ

スタッツ

アンフォースドエラー/ウィナー共にモンフィスが多いですね。

エラーの多さをウィナーで補填したような感じでしょうか。

スタッツ自体はそこまで大きな差は見られませんね。

あるとしたら2ndサーブでの得点率でしょうか。

モンフィスが52%に対して、ワウリンカは33%。

モンフィスは2ndサーブでもそこそこポイントをあげれましたがワウリンカは33%と3回に1ポイントくらいでした。

かなり接戦の戦いで、どちらが勝ってもおかしくない決勝戦でした。

試合後のコメント

G.モンフィス

モンフィス

優勝セレモニーのスピーチにて

・「スタン、僕とは兄弟のようだね。最近は練習する機会はあまりないけれど、良い試合をこれから作っていこう」とワウリンカに語っています。

・「今シーズン、素晴らしいスタートが切れました。今年はもっと勝ちたいです」

と優勝の感想をこれからについて語りました。

 

ATP公式サイトにて

・「2セット目で彼(ワウリンカ)がヘビーなプレーをしてきたと感じたから3セット目で僕は少しリズムを変えたんだ。僕は彼の勢いをどうにか止めないといけなかった。より積極的になってサービスやボレーをしなければならなかった」

・「第2セットで僕は肉体的に押し戻されてきれいにショットを打てていなかった気がした。それでストレスが溜まり怒っていたのだけれど、しっかり切り替えることができた。そして第3セット、僕はチャンスを決めることができてエネルギーを得ることができた」

 

・S.ワウリンカ

・「決勝での敗戦はとても辛いけど、相手は良い友だちのガエル。ガエル、チームのみなさん、おめでとう」と無二の親友を讃えました。

・「とても特別な想いがあります。チームのみんなに感謝したい。そして今年はチーム一丸となって、もっとたくさんのタイトルを取りたいです」と手術を終えて復帰した気持ちを語りました。

まとめと総評

今回はロッテルダムオープンの決勝戦について紹介しました。

モンフィスとワウリンカの戦いはモンフィスが制しました。

どちらが勝ってもおかしくない死闘で、逆クロスのラリーば非常に見ごたえがあり両者にファインプレーも出ました。

中々トリッキーな決勝だったのではないでしょうか(モンフィスのおかげで)

 

さて、錦織はベスト4でしたが世界ランク6位に浮上し、フェデラーを抜きました!!

凄すぎ・・・・

これからの戦い方次第では自己ベストの4位以上にも行けますね。

昨年の怪我から復帰してからの錦織の活躍ぶりは凄いです。

久しぶりにタイトルの獲得しましたし、これからの錦織に超期待です!!

次はドバイオープンへの出場が確定している錦織。

 

皆で錦織の試合を観て応援しましょう!!

錦織の試合観戦方法はこちら⇒スカパーの料金と視聴方法まとめ

 

今日も

Let’s enjoy the tennis!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*