2月26日/ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権の試合結結果と錦織圭の試合内容まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、豊川です!

2月26日で、ドバイテニス選手権は2日目を迎えます。

いよいよ今日は錦織の1回戦が行われます。

今回は2月26日ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権について紹介します。

2月26日の試合結果について

★ラウンド32(1回戦)コート3

M.ベレッティニ 6┃5┃5

D.クドラ    2┃7┃7


★ラウンド32(1回戦)コート1

E.ゲラシモフ 7(7)┃7(7)

R.ハーセ   6(2)┃6(5)


★ラウンド32(1回戦)センターコート

R.ベランキス   6┃6

D.メドベージェフ  3┃3


★ラウンド32(1回戦)コート1

M.サフワット   6┃3┃4

M.バグダティス 4┃6┃6


★ラウンド32(1回戦)コート3

H.フルカチ 6┃7

C.ムテ    3┃5


★ラウンド32(1回戦)センターコート

錦織 圭  6┃6

B.ペール  4┃3


★ラウンド32(1回戦)コート1

T.ベルディハ 6┃

I.イワシカ   4┃


★ラウンド32(1回戦)コート1

B.コリッチ 7┃3┃7(7)

J.ベセリー  5┃6┃6(4)


★ラウンド32(1回戦)センターコート

M.チリッチ  3┃6┃0

G.モンフィス 6┃4┃6


★ラウンド32(1回戦)センターコート

M.エブデン 4┃6┃3

S.チチパス  6┃3┃6

錦織圭の試合内容について

 

錦織圭 VS B.ペール

錦織1回戦目の相手は世界ランク65位のブノワペール(フランス)です。

何と、錦織と同じ年齢の選手です!

これまで7回戦って錦織の5勝2敗。

錦織の初戦の相手ですが、色々な事を仕掛けてくるのでとても読みにくい選手です。

フォア・バックの凄さは勿論の事、ドロップショットも使ってきます。

なので、様々なプレーで揺さぶってくると思いますので対応するのが大変になります。

錦織のフットワークで上手く対応出来ると良いと思っていましたが・・・

試合結果は2-0(6-4、6-3)で錦織のストレート勝ちとなりました!!

初戦突破オメデトウ、錦織(≧▽≦)

 

 

初出場する錦織のコメント

ドバイは初挑戦なので今からワクワクしている。

遅めのコートなのでしっかり調整していきたい。

→錦織得意のハードコートですが、初めての舞台で戸惑いと楽しみが入り混じった感じでしょう。

昨年はアカプルコに挑戦しましたが、今年は趣向を変えてドバイへの挑戦となりましたね。

第1シードという重みやプレッシャーは感じていないと思いますが、今後はどうなるか楽しみですね。

第1セット:(錦織)6-4

第1セット総評

B.ペールの選手のサーブとフォアハンドが強力でした。

錦織のミスもありましたが、進化したサーブでのリターンアウトも数多く見受けられましたね~!

B.ペールのミスも多かったため、お互いさまといった感じ。

ドバイは夜に差し掛かる夕方での試合となったため、風が強く吹いていました。

お互いのショットに影響するほどではありませんでした。

ベースラインでのストロークが凄い上手いので見ごたえがありました。

B.ペールは途中からドロップショットも混ぜてきましたね。

最初に打ってきたときには錦織は虚を突かれて反応できませんでした。

まぁ1回目は反応できなくても、2回目以降は錦織が上手く対応・反応していました。

この辺りの錦織の対応力の高さにはいつも驚かされます!!!!!

 

錦織は第3セットでB.ペールのダブルフォルトで早くもブレークに成功します。

よし、このまま行ける!!!と思いましたが波乱が・・・・!

続く第4ゲームが第1セットの分かれ目だったのではないでしょうか。

いきなり錦織のミスで0-30。

その後相手のミスを誘う打ち方で30-30となるが、錦織のフォアハンドがアウトで30-40。

B.ペールの1回目のブレークポイントを迎えるが、B.ペールのリターンアウトで凌ぎデュースへ。

7回のデュースと6回のブレークポイントで度々ピンチになるが、ことごとく凌ぐ。

最後は錦織のフォアハンドウィナーとB.ペールのリターンアウトで終着。

第4ゲームだけで12分オーバーの長丁場でした。

ブレーク出来なかったB.ペールは最後にラケットをコートに叩きつけていました。

その後はお互いにサービスゲームをキープする展開に。

途中コートに鳥が飛んできたり、錦織がテーピングをしたりしましたが無事に錦織が第1セットをダッシュに成功しました。

B.ペールは第1セットを取られた時にまたラケットをコートに叩きつけていました。

気性が荒い選手ですね。

  • 第1ゲーム:B.ペールがラブゲームでキープ

●B.ペールのサーブ

0-0:B.ペールのサービスエース

15-0:錦織のフォアハンドがアウト

30-0:錦織のフォアハンドがネットにかかる

40-0:B.ペールのサービスエース

B.ペールがラブゲームでキープ

  • 第2ゲーム:錦織圭がキープ

●錦織のサーブ

0-0:B.ペールのリターンがアウト

15-0:B.ペールのリターンがアウト

30-0:錦織のバックハンドがアウト

30-15:錦織のバックハンドがネットにかかり大きくそれてアウト

30-30:B.ペールのフォアハンドウィナー

30-40:B.ペールのフォアハンドがネットにかかる

B.ペールのショットに高低が出ている

フォア:フラット バック:スピン気味

40-40:錦織のサービスエース

A-40:B.ペールのフォアハンドがアウト

錦織がキープ

  • 第3ゲーム:錦織圭がブレーク

●B.ペールのサーブ

0-0:錦織のリターンがアウト

15-0:B.ペールのフォアハンドがネットにかかる

15-15:B.ペールのフォアハンドウィナー

30-15:B.ペールのバックハンドがアウト(B.ペールの明らかなミス)

30-30:B.ペールのフォアハンドがネットにかかる

深い所からオープンコートなのでそれが出ている内は良い感じ

30-40:B.ペールのダブルフォルト

錦織が早くもブレークに成功!!!!!!

  • 第4ゲーム:錦織圭がキープ

●錦織のサーブ

0-0:錦織のフォアハンドがネットにかかる

0-15:錦織のストレートのフォアハンドがアウト

0-30:B.ペールのリターンがネットにかかる

15-30:B.ペールのフォアハンドがアウト

コートを斜めに走らせるのは良い戦術

30-30:錦織のフォアハンドがアウト

30-40:B.ペールのリターンがアウト

40-40:錦織のバックハンドがアウト

40-A:B.ペールのリターンがネットにかかる

40-40:錦織のショットがアウト

B.ペールのバックハンドを警戒し、フォアにボールを集めている。

40-A:錦織のバックハンドウィナー

バックの浅い所にやるのは効果的

40-40:錦織のフォアハンドがネットにかかる

40-A:錦織のジャックナイフ→B.ペールのフォアハンドがアウト

40-40:錦織のフォアハンドがアウトの判定(本当かよ!?)

40-A:錦織のサービスエース(錦織のチャレンジ成功!!)

40-40:錦織のフォアハンドがネットにかかる

40-A:B.ペールのショットがアウト

40-40:錦織のフォアハンドがアウト

40-A:B.ペールのリターンがネットにかかる

40-40:錦織のフォアハンドウィナー(素晴らしい!!!!)

A-40:B.ペールのリターンがネットにかかる

B.ペールがラケットを投げつける

錦織が7度のブレークポイントを防ぎ、キープ。

12分を超えるサービスゲーム

  • 第5ゲーム:B.ペールがラブゲームでキープ

●B.ペールのサーブ

0-0:錦織のリターンがアウト

15-0:錦織のリターンがネット

30-0:B.ペールのサービスエース

40-0:錦織のリターンがネット

B.ペールがラブゲームでキープ

  • 第6ゲーム:錦織圭がキープ

●錦織のサーブ

0-0:錦織のフォアハンドがネット

0-15:錦織のサービスポイント

15-15:錦織のダブルフォルト

15-30:B.ペールのリターンがアウト

コートに鳥が飛んできた

30-30:B.ペールのバックハンドがアウト

サーブからフォアハンドをコントロールできるとプレーの質が上がる

40-30:B.ペールのジャックナイフがアウト

錦織がキープ

  • 第7ゲーム:B.ペールがキープ

●B.ペールのサーブ

0-0:B.ペールのダブルフォルト

0-15:ドロップショット⇒B.ペールのネットプレーが決まる

15-15:B.ペールのサービスエース

30-15:B.ペールのドロップショット⇒錦織のパッシングショット

予測する時間がもらえたので錦織が上手く対応出来た

30-30:B.ペールのネットプレーが決まる

40-30:錦織のリターンが大幅にアウト

B.ペールがキープ

  • 第8ゲーム:錦織圭がキープ

錦織テーピング

錦織が右手首のテーピングをする

1ポンドの差でもフォアハンドの差が出てくる

錦織は繊細だから。ガットの張り直しを要求。

ニューボールになる。

●錦織のサーブ

0-0:B.ペールのショットがネットにかかる

錦織は積極的に前に出てきた。

15-0:B.ペールのフォアハンドウィナー

15-15:錦織のフォアハンドウィナー

相手のスライスを上手く予測していた

30-15:錦織のバックハンドウィナー

40-15:B.ペールのリターンがアウト

錦織がキープ

  • 第9ゲーム:B.ペールがキープ

●B.ペールのサーブ

0-0:B.ペールのドロップショットに上手く対応し、ネット際に落とす

0-15:錦織のリターンがアウト

15-15:B.ペールのサービスエース

30-15:B.ペールのドロップショットがアウト

30-30:錦織のフォアハンドがネット

40-30:錦織のリターンがネットにかかる

B.ペールがキープ

  • 第10ゲーム:錦織圭がキープ

●錦織のサーブ

0-0:錦織のバックハンドがアウト

0-15:錦織のフォアハンドがネットにかかる

ギリギリまでひきつけて浅い所に角度をつけてなのでネットに

0-30:B.ペールのリターンがアウト

15-30:B.ペールのリターンがアウト

30-30:B.ペールのバックハンドがアウト

B.ペールがアウトの判定にラケットを地面に叩きつける

40-30:錦織のドロップショット→B.ペールが拾う→錦織が逆方向に落とす

錦織2ndサーブがアウトの判定→チャレンジ→インの判定で1stサーブからやり直し

錦織がキープし、第1セットを奪取

第2セット:(錦織)6-3

第2セット総評

第2ゲーム終わり際に、B.ペールが右膝をしきりに気にしていましたね・・・

第3・4ゲームまではしきりに右膝を触っており、「大丈夫かな?」と思いました。

右膝が気になった段階でトレーナーを呼んでチェックしてもらってましたし、薬(痛み止め?)を飲んでしばらくしたら右膝を気にしなくなったので薬が効いたのだと思いますね。

途中で棄権せずに最後まで戦って錦織が勝ったので本当に良かったです!!!

 

第2セットは第5・9ゲームと2回のブレークに成功した錦織が第1セットに続き奪ってストレートでの勝利となりました。

第2セットはB.ペールのドロップショットに錦織が上手く対応し、ラリーも上手く捌いた感じで錦織の良さが出ていた試合だったと思います!

  • 第1ゲーム:B.ペールがキープ

●B.ペールのサーブ

0-0:錦織のリターンがアウト

15-0:B.ペールのドロップショット→錦織拾う→B.ペールが返す→錦織がボールを叩きつける

15-15:B.ペールのショットがネットにかかる

15-30:錦織のリターンがネット

30-30:錦織のフォアハンドがアウト

40-30:錦織のリターンにB.ペールが前に出てきてスマッシュ

B.ペールがキープ

  • 第2ゲーム:錦織圭がキープ

●錦織のサーブ

0-0:B.ペールのリターンがネットにかかる

15-0:B.ペールのフォアハンドがアウト

30-0:錦織のフォアハンドウィナー

40-0:B.ペールがリターンを打ち上げる→錦織が返す

B.ペールが右膝を気にしている

錦織がキープ

  • 第3ゲーム:B.ペールがキープ

●B.ペールのサーブ

0-0:錦織のリターンがアウト

15-0:B.ペールのフォアハンドウィナー

30-0:B.ペールが打ち上げてアウト

B.ペールのドロップショット→錦織が返す→B.ペールが打ち上げてアウト

30-15:B.ペールのサービスポイント

40-15:錦織のリターンがアウト

B.ペールがキープ

B.ペールが右膝の痛みを訴えてトレーナーを呼ぶ。

  • 第4ゲーム:錦織圭がキープ

●錦織のサーブ

0-0:B.ペールのリターンがアウト

15-0:B.ペールのリターンがアウト

30-0:B.ペールのリターンエース

30-15:B.ペールのフォアハンドウィナー

30-30:B.ペールのフォアハンドがネットにかかる

40-30:錦織のフォアハンドがネットにかかる

40-40:B.ペールのリターンがアウト

A-40:B.ペールのバックハンドがアウトの判定

錦織がキープ

  • 第5ゲーム:錦織圭がブレーク

●B.ペールのサーブ

0-0:B.ペールのダブルフォルト

0-15:B.ペールのバックハンドウィナー

15-15:B.ペールのドロップショットに錦織が対応し、相手がいない所にボールを返しポイント

早めに対応したため、間に合った。

15-30:錦織のリターンにB.ペールが前に出てくるもショットがネットにかかる

15-40:B.ペールのダブルフォルト

錦織がブレーク!!

  • 第6ゲーム:錦織圭がラブゲームでキープ

●錦織のサーブ

0-0:B.ペールのリターンがアウト

15-0:B.ペールのリターンがネット

30-0:B.ペールのリターンがアウト

40-0:B.ペールのリターンがアウト

錦織がラブゲームでキープ

  • 第7ゲーム:B.ペールがキープ

●B.ペールのサーブ

0-0:錦織のリターンがアウト

15-0:B.ペールのフォアハンドウィナー

30-0:B.ペールのサービスエース

40-0:B.ペールのスライスがアウト

40-15:錦織のリターンがアウト

B.ペールがキープ

  • 第8ゲーム:錦織圭がキープ

●錦織のサーブ

0-0:B.ペールのリターンがアウト

15-0:錦織のフォアハンドがアウト(明らかなミス)

15-15:B.ペールのフォアハンドスライスがネット(錦織がラリーを制す)

30-15:錦織のフォアハンドウィナー

40-15:錦織のバックハンドのライジングショットが深い所に決まる。

錦織がキープ

  • 第9ゲーム:錦織圭がブレーク

●B.ペールのサーブ

0-0:B.ペールのダブルフォルト(B.ペールがフットフォルトを取られる)

0-15:B.ペールのドロップショットが決まる

15-15:B.ペールのドロップショットに錦織が上手く対応

15-30:B.ペールのバックハンドがアウト

15-40:B.ペールのフォアハンドがネットにかかる

錦織が2回目のブレークに成功。錦織が第2セットも奪い、ストレートでの勝利!!

スタッツ

まとめと総評

2月26日の試合結果と錦織1回戦の試合内容について紹介しました!

第8シードのD.メドベージェフ(ロシア)が初戦敗退となりました。

 

錦織が無事に1回戦突破しました!!

オメデトウ!(^^)!

次戦の相手は世界ランク77位のH.フルカチュです。

対戦は今回が初めてとなります。

初めてなので、相手がどういうプレーをしてくるのか分からない部分もあると思いますが今の錦織ならば絶対に勝てるはず!!

次の試合も良いテニスを期待しているぞ~錦織!!

 

皆で錦織の試合を観ながら応援しましょう!!!!

錦織の試合観戦方法をまとめました⇒スカパーの料金と視聴方法まとめ

 

今日も

Let’s enjoy the tennis!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*