【決勝試合内容詳細】3月18日/BNP・パリバオープン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、豊川です!

カリフォルニアの気温は30℃近くまで上がっています。

今日はBNP・パリバオープンの決勝戦が行われます。

2019年最初のマスターズ1000の覇者が決まります。

 

今回は決勝戦3月18日の試合結果についてまとめました。

3月18日の試合結果・内容について

R.フェデラー VS D.ティーム

決勝戦は第4シード/R.フェデラーと第7シード/D.ティエムの試合です。

両者の対戦成績は2勝2敗と五分。

フェデラーが勝っている2勝はどちらもハードコート。

ティエムが勝っている2勝はどちらともクレーコート。

凄い偶然・・・

サーフェスで勝敗が分かれるとは・・・

フェデラーは101個のタイトルをかけて、ティエムはマスターズ1000の初優勝をかけての対戦となりましたね!

 

対戦結果は

1-2(6-3、3-6、5-7)で

ティエムが逆転勝利となりました!!

第1セット:(R.フェデラー)6-3

第1セット総評

第2ゲームではフェデラーいきなりブレークに成功。

20本のラリーを制し、ドロップショットも決めトリプルのブレークポイント。

D.ティエムはフェデラーのミスもあり、ブレークポイントを凌ぎデュースへと持ち込む。

D.ティエムは21本のロングラリーを制してアドバンテージを握るが、フェデラーのドロップショットでデュースへ戻される。

自身のミスとフェデラーのリターンを返せずで、4回目のブレークポイントでフェデラーがブレークに成功!

そこからはお互いにキープを続ける。

動いたのは第7ゲーム。

D.ティエムがネットプレーを見せ、ダブルのブレークポイントで最後はD.ティエムのリターンにフェデラーが返せず。

D.ティエムがブレークバックに成功する。

続く第8ゲーム。フェデラーはチャンスを作りダブルのブレークポイントを迎えますが、ここもティエムが防ぎ、デュースへ。2回目のデュースで4度のブレークポイントを迎えたフェデラーがリターンエースを決め、2回目のブレークに成功。

第1セットはフェデラーが取りました。

  • 第1ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:R.フェデラーのサービスポイント

15-0:R.フェデラーのバックがネットにかかる

15-15:R.フェデラーのスマッシュ

30-15:R.フェデラーのダブルフォルト

30-30:R.フェデラーのフォアハンドウィナー

40-30:D.ティエムのバックハンドがネットにかかる

R.フェデラーがキープ

  • 第2ゲーム:R.フェデラーがブレーク

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのバックハンドのスライスがアウト

20本のラリー

0-15:D.ティエムのバックハンドがアウト

0-30:R.フェデラーのドロップショットにD.ティエムが追いついて返すもアウト

0-40:R.フェデラーのバックハンドがネット(スピンがかなりかかっている)

15-40:R.フェデラーのバックのスライスがネット

30-40:R.フェデラーのバックがネット

40-40:D.ティエムのフォアハンドウィナー(21本のロングラリー)

A-40:R.フェデラーのドロップショットにD.ティエムが返すもネット

40-40:D.ティエムのフォアハンドがアウト

40-A:R.フェデラーのリターンにD.ティエムのバックがアウト

R.フェデラーがブレーク

  • 第3ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:R.フェデラーのフォアがアウト

0-15:D.ティエムのバックスライスがアウト

15-15:R.フェデラーのボレー

30-15:D.ティエムのフォアがアウト

40-15:D.ティエムのリターンがアウト

R.フェデラーがキープ

  • 第4ゲーム:D.ティエムがラブゲームでキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのフォアハンドウィナー

15-0:R.フェデラーのリターンがアウト

30-0:R.フェデラーのリターンがアウト

40-0:R.フェデラーのリターンがアウト

D.ティエムがラブゲームでキープ

  • 第5ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのスマッシュ

0-15:D.ティエムのリターンがアウト

15-15:R.フェデラーのフォアのボレーが決まる

30-15:R.フェデラーのフォアハンドウィナー

40-15:R.フェデラーのバックがネット

40-30:R.フェデラーのワイドサーブでのサービスエース

R.フェデラーがキープ

  • 第6ゲーム:D.ティエムがラブゲームでキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:R.フェデラーのリターンがネット

15-0:R.フェデラーのリターンがアウト

30-0:D.ティエムのサービスポイント

40-0:D.ティエムのバックハンドウィナー(ダウンザライン)

D.ティエムがラブゲームでキープ

  • 第7ゲーム:D.ティエムがブレーク

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのリターンがアウト

15-0:D.ティエムが前へ出て、バックハンドでネット際に落とす

15-15:D.ティエムのフォアハンドウィナー

15-30:R.フェデラーのフォアハンドがネットにかかる

15-40:D.ティエムのバックハンドがアウト

30-40;D.ティエムの強力なフォアハンドにR.フェデラーがバックハンドで合わせるもネット

D.ティエムがブレーク

  • 第8ゲーム:R.フェデラーがブレーク

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのバックハンドがネット

0-15:R.フェデラーのバックで合わせるもネットにかかる

15-15:D.ティエムのストレートのフォアハンドがアウト

15-30:R.フェデラーのフォアハンドにD.ティエムがカットするもアウト

15-40:R.フェデラーのリターンがアウト

30-40:R.フェデラーのリターンがネット

40-40:D.ティエムの逆クロスへのフォアがアウトの判定

40-A:R.フェデラーがショートバウンドを打つがアウト

40-40:R.フェデラーのボレーが決まる

40-A:R.フェデラーのリターンエース

R.フェデラーがブレーク

  • 第9ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:R.フェデラーのフォアがネット

0-15:D.ティエムのリターンがネット

15-15:R.フェデラーのサービスエース

30-15:D.ティエムのリターンがアウト

40-15:R.フェデラーのフォアハンドがアウト

40-30:D.ティエムのリターンがアウト

R.フェデラーがキープ。R.フェデラーが第1セットを奪う!

第1セットスタッツ

フェデラーのネットポイントが8/8って驚異的ですね。

近年のフェデラーはよくネットプレーをする印象なので、ここでもその結果が出ましたね。

 

ティームの2ndサーブ得点率75%って中々優秀です。

フェデラーも63%と悪くないですが、ティームの数値が優秀すぎる・・・

 

第2セット:(R.フェデラー)3-6

第2セット総評

何とか巻き返したいティーム。

第3ゲームで3回のブレークポイントを凌いだティームが勢いに乗る。

第4ゲームでフェデラーのサーブ&ボレーを攻略。

フェデラーのボレーを誘い出し、ブレークポイント。

フェデラーに前に出させるような状況を作ったティームがブレークに成功!

後はお互いにブレークポイントを与えない隙のないサービスゲームを展開。

見ごたえのある第2セットになりました。

  • 第1ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:R.フェデラーのリターンがアウト

15-0:R.フェデラーのドロップショット

15-15:R.フェデラーのバックハンドがネット

30-15:R.フェデラーのドロップショットにD.ティエムが追いついてクロスに返すもアウト

30-30:R.フェデラーのリターンがアウト

40-30:R.フェデラーのバックハンドがアウト

D.ティエムがキープ

  • 第2ゲーム:R.フェデラーがラブゲームでキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのリターンがアウト

15-0:R.フェデラーのボレー⇒D.ティエムのロブ⇒R.フェデラーのスマッシュ

30-0:R.フェデラーのサービスポイント

40-0:D.ティエムのリターンがアウト

R.フェデラーがラブゲームでキープ

  • 第3ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのダブルフォルト

0-15:R.フェデラーのリターンがアウト

15-15:R.フェデラーのフォアハンドにD.ティエムが前へ出るもボレーがアウト

15-30:D.ティエムが積極的に前に出てバックボレー

30-30:R.フェデラーのバックボレーが決まる

30-40:R.フェデラーのリターンがネット

40-40:D.ティエムのストレートのフォアがアウト

40-A:R.フェデラーのバックがネット

40-40:R.フェデラーのリターンがアウト

A-40:R.フェデラーのフォアハンドがアウト

D.ティエムがキープ

  • 第4ゲーム:D.ティエムがブレーク

●R.フェデラーのサーブ

0-0:R.フェデラーのダブルフォルト

0-15:R.フェデラーのサーブ&ボレーでD.ティエムがボレーを返すもアウト

15-15:R.フェデラーのボレーにD.ティエムが返したボールにR.フェデラーが返せず

15-30:D.ティエムのリターンエース

15-40:R.フェデラーのフォアがネット

D.ティエムはR.フェデラーに前に出させるような状況を作った

D.ティエムがブレーク

  • 第5ゲーム:D.ティエムがラブゲームでキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのサービスエース

15-0:R.フェデラーのリターンがネット

30-0:D.ティエムのバックハンドウィナー

40-0:D.ティエムのバックハンドウィナー

D.ティエムがラブゲームでキープ

  • 第6ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:R.フェデラーのショットがアウト

D.ティエムがラリーを止めてビデオ判定

0-15:R.フェデラーのバックハンドがアウト

0-30:R.フェデラーのバックハンドウィナー

15-30:D.ティエムのバックハンドがネット

30-30:R.フェデラーのサービスエース

40-30:R.フェデラーのバックハンドがネットにかかる

40-40:D.ティエムのリターンがネット

A-40:D.ティエムのドロップショットがネット越さず

R.フェデラーがキープ

  • 第7ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのネットプレーにR.フェデラーが追いついて返すがネット

15-0:R.フェデラーのバックハンドがアウト

30-0:D.ティエムのショットがネット

30-15:R.フェデラーのリターンがネット

40-15:D.ティエムのダブルフォルト

40-30:R.フェデラーのバックハンドがネット

D.ティエムがキープ

  • 第8ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:R.フェデラーのスマッシュ

15-0:D.ティエムのリターンがアウト

30-0:D.ティエムのリターンにR.フェデラーがショートバウンドを打つが大幅にアウト

30-15:R.フェデラーのドロップショット、D.ティエムは反応できず

40-15:D.ティエムのフォアはドウィナー

40-30:D.ティエムがネットプレーがアウト

R.フェデラーがキープ

  • 第9ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:R.フェデラーのリターンがアウト

15-0:逆クロスでのラリー後、D.ティエムのストレートのバックハンドウィナー

30-0:R.フェデラーのリターンがアウト

40-0:R.フェデラーのリターンエース

40-15;R.フェデラーのリターンがアウト

D.ティエムがキープし、第2セットを奪う!

第2セットスタッツ

 

ティームのエラーの少なさが凄い!

フェデラー12本に対してティームは6本。

また、フェデラーのネットポイントが第1セットが8/8に対して第2セットは7/10。

明らかに精度が落ちていますね。

ティームがフェデラーのネットプレーに対応しています。

第3セット:(R.フェデラー)5-7

第3セット総評

第7ゲームまでデュースにすら行かず、互いのサービスゲームをキープする緊迫した戦いになりました。

1つのミスが負けに繋がるようなそんな試合でした。

凄くプロらしい・・・!

第8ゲームにフェデラーにブレークポイントを握られるも、これを防いだティーム。

 

試合を決定付けたのは第11ゲーム。

フェデラーのドロップショットを2本連続クロスで返しポイントをあげたティームが最後にウィナーを決めてブレークに成功!

ラスト第12ゲームはティームがキープし、ゲームセット。

  • 第1ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのフォアハンドがアウト

15-0:D.ティエムのバックハンドがアウト

30-0:R.フェデラーがショートバウンドを打つもアウトの判定

30-15:R.フェデラーのバックにD.ティエムがフォアで拾うもアウト

40-15:D.ティエムのバックハンドがアウト

R.フェデラーがキープ

  • 第2ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのダブルフォルト

0-15:R.フェデラーのリターンがネット

15-15:R.フェデラーのフォアハンドがアウト

30-15:D.ティエムのバックハンドがアウト

30-30:R.フェデラーのリターンがネット

40-30:R.フェデラーのリターンがアウト

D.ティエムがキープ

  • 第3ゲーム:R.フェデラーがラブゲームでキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:R.フェデラーのスマッシュにD.ティエムが返すもアウト

15-0:R.フェデラーのフォアハンドウィナー

30-0:D.ティエムのショットがアウト

40-0:D.ティエムのフォアハンドがアウト

R.フェデラーがラブゲームでキープ

  • 第4ゲーム:D.ティエムがラブゲームでキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのドロップショットにR.フェデラーが返すもアウト

15-0:R.フェデラーのリターンがネット

30-0:R.フェデラーの回り込んでのフォアハンドがアウト

40-0:D.ティエムのサービスエース

D.ティエムがラブゲームでキープ

  • 第5ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのリターンにR.フェデラーのボレー

15-0:R.フェデラーのフォアハンドがアウト

15-15:クロスラリーでD.ティエムのフォアがアウト

30-15:D.ティエムのリターンがアウト

40-15:D.ティエムにR.フェデラーのボレー

R.フェデラーがキープ

  • 第6ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:R.フェデラーのバックがネット

15-0:R.フェデラーのバックハンドがネット

30-0:R.フェデラーのリターンエース

30-15:D.ティエムのサービスエース

40-15;R.フェデラーのリターンがネット

D.ティエムがキープ

  • 第7ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのリターンがネット

15-0:R.フェデラーのバックハンドがアウト

15-15:D.ティエムのバックハンドがアウト

30-15:D.ティエムのリターンにR.フェデラーが前に出てきてボレー

40-15:R.フェデラーのバックハンドがネット

40-30:D.ティエムのバックがアウト

R.フェデラーがキープ

  • 第8ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのフォアハンドがアウト

0-15:R.フェデラーのリターンをD.ティエムがフォアハンドで打つがアウト

0-30:R.フェデラーのフォアハンドがアウト

15-30:D.ティエムのフォアハンドウィナー

30-30:R.フェデラーのスマッシュ

30-40:R.フェデラーのフォアハンドがネット

40-40:R.フェデラーのリターンがアウト

A-40:D.ティエムのフォアハンドがアウト

40-40:D.ティエムのフォアハンドウィナー

A-40:D.ティエムのフォアハンドがネット

40-40:R.フェデラーのフォアで合わせるもアウト

A-40:R.フェデラーのリターンがネット

D.ティエムがキープ

  • 第9ゲーム:R.フェデラーがキープ

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのフォアハンドウィナー

0-15:D.ティエムが転んで、R.フェデラーのポイント

15-15:D.ティエムのリターンがアウト

30-15:D.ティエムのフォアハンドがアウト

40-15;D.ティエムのストレートのフォアハンドウィナー(ダウンザライン)

40-30:D.ティエムのフォアハンドがアウト

R.フェデラーがキープ

  • 第10ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのフォアハンドウィナー

15-0:D.ティエムのフォアハンドにR.フェデラーがバックで合わせるもネット越さず

30-0:D.ティエムのフォアハンドがアウトの判定

30-15:D.ティエムのバックハンドがアウト

30-30:R.フェデラーが前へ出るもD.ティエムのバックハンドを返せず

40-30:D.ティエムのスマッシュ

D.ティエムがキープ

  • 第11ゲーム:D.ティエムがブレーク

●R.フェデラーのサーブ

0-0:D.ティエムのリターンがネット

15-0:R.フェデラーのフォアがネット

15-15:R.フェデラーのボレーにD.ティエムが返すがネット

30-15:R.フェデラーのドロップショットをクロスで返しD.ティエムがポイント

30-30:R.フェデラーのドロップショットを再びクロスで返しD.ティエムのポイント

30-40:D.ティエムのフォアハンドウィナー

D.ティエムがブレーク

  • 第12ゲーム:D.ティエムがキープ

●D.ティエムのサーブ

0-0:D.ティエムのフォアハンドウィナー

15-0:D.ティエムのバックハンドがネット

15-15:D.ティエムのサービスエース

30-15;R.フェデラーのリターンがアウト

40-15:R.フェデラーのフォアハンドがネット

トータルスタッツ

優勝セレモニー

準優勝のフェデラー。

 

 

優勝したティーム。

 

まとめと総評

今回はBNP・パリバオープンの決勝戦の試合結果について紹介しました。

優勝は第7シード/D.ティエムになりました。

 

彼の気迫あふれるプレーは素晴らしかったですね。

第1セットはフェデラーに主導権を握られましたが、第2セットから修正してフェデラーのネットプレーに上手く対応していたし、ミスも少なかったですね。

ティエムのボールは全体的に深い所に返していたので、フェデラーのミスを誘えたのも大きかったのではないでしょうか。

 

さて、インディアンウェルズが終わりすぐさまマイアミ・オープンが始まります。

日本の錦織と大坂なおみの活躍に期待しましょう~

マイアミ・オープンの観戦方法はこちらで解説しています⇒スカパーの料金と視聴方法まとめ

 

今日も

Let’s enjoy the tennis!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*