テニスによって人生が変わった元いじめられっ子が語るテニスを徹底的に楽しむ方法

NO TENNIS NO LIFE

お役立ち

良い汗と悪い汗がある?汗をかくメリット(8つあります)

汗をかくメリットを紹介する女性

こんにちは、アマチュアテニスプレイヤーの豊川です。

 

今回は汗をかくことについて書いていきます。

汗をかくメリット、効率的に汗をかく方法を具体的に取り上げていきます。

 

汗をかくとすっきりして気持ちいいですよね。

汗をかくとストレス解消だけでなく、新陳代謝を上げて疲れにくい体を作ります。

更にデトックスの効果もあり、健康と美しさを手に入れることが期待できます!

 

普段汗を書かない方や運動しない方は見ると新しい発見があるかもしれません。

 

良い汗と悪い汗がある?汗をかくメリット(8つあります)

汗をかく女性

部屋が暑かったり、緊張したりすると出てくる汗。

汗は人間にとっては非常に大切な温度調整の機能です。

そもそも暑いときや運動をしたときに大量に汗をかくのは人間と馬くらいらしいです。

 

その汗の中でも良い汗悪い汗があるのはご存知でしょうか?

 

良い汗はどんな汗?

良い汗は限りなく水に近い汗で、すぐに蒸発しやすいのが特徴。

サラッとした汗のことで、ニオイもほとんどありません。

99%が水で、その他はほとんどが塩分です。

 

蒸発しやすいのはカラダが体温調整を行う上でとても大切なこと。

汗をかく⇛蒸発する⇛汗をかく

このサイクルを効率的に行うことが出来るみたいです。

 

悪い汗はどんな汗?

反対に悪い汗とは、水以外の成分(塩分とかミネラルとかナトリウム等)の濃度が強い汗のこと。

ドロッとしてネバネバしており、蒸発しにくいのが特徴。

水以外にカラダにとって重要なミネラル等が汗となって外に排出されるので、疲労や熱中症につながります。

 

良い汗をかくためには?

良い汗をかくためには、日頃から汗をかく習慣を作るのが良いとされています。

 

良い汗⇛ほとんどが水でサラッとしている。すぐに蒸発する

悪い汗⇛水以外にもカラダに重要な成分が含まれる。ドロっとして蒸発しにくい。

 

ほとんどが水と水以外の成分が含まれる汗はどういう違いなのでしょうか?

それは、「汗腺の導管部」の働きの違い。

 

「汗腺の導管部」は汗に含まれるミネラルや塩分などを吸収する役割を持っています。

導管部はいわばフィルターのような役割ですね。

この導管部が正常に働いていれば、ミネラルや塩分が外に逃げずにカラダに再吸収されます。

結果、ほとんどが水のサラッとした汗が出てくるわけです。

 

このフィルターの機能は汗をかけばかくほど強くなります。

日頃からちょっとした運動を取り入れることで疲れにくいカラダを作ることが出来るのです!

 

汗をかくメリット

汗をかくメリットを挙げていきます。

  • ストレス解消

汗をかくとすっきりしてストレスが緩和される。

  • 良い汗をかきやすくなる

良い汗をかきやすくなることで疲れにくいカラダを作ります、

  • 考え方が前向きになる

汗をかくことで考え方が前向きになる。

ハーバード大学の研究論文でも明らかになっている。

  • 気持ちや性格が前向きになる

落ち込んでいたら積極的に汗をかくと良い!

汗をかくと不安や悩みが緩和されることが研究でも明らかになっている。

汗をかく習慣を作れば、仕事やプライベートもより充実することが期待できる。

  • 代謝がアップして太りにくくなる

人間は動かないだけでもエネルギーを消費しています。

基礎代謝と言うが、その基礎代謝=代謝を上げればより脂肪が燃えることに繋がります。

より脂肪が燃える=より太りにくくなる。

  • デトックス効果

汗はカラダの老廃物を一緒に出してくれます。

汗を積極的にかくことは積極的に老廃物を外に出すことを意味します。

老廃物を外に出してカラダをデトックス!

  • むくみや冷え性の改善

汗をかくことでむくみや冷え性も改善することが期待できます。

むくみや細胞と細胞の間に水がたまって起こるもの。

積極的に汗をかいて、水を外に出して新しい水をカラダに取り込めばOK!

  • 肌がキレイになる

汗をかくことはデトックスの効果があるので肌がキレイになることも期待できます。

肌がキレイになれば、薄化粧でもOKになり時間短縮につながります。

 

効率よく汗をかく方法を解説

 

汗をかく習慣が無い方は「何をすれば汗をかけるの?」と思う方もいるかもしれません。

効率よく汗をかく方法を紹介します。

いずれかを生活に取り入れるだけでかなり違ってきます。

 

ウォーキング、ジョギングなどの有酸素運動

ジョギング

まずは、基本中の基本でウォーキングやジョギングをしてみましょう!

最大のメリットは手軽に一人で始められること。

 

少し早めに起きて、30分だけで走ってみる。

仕事から帰ってきてお風呂がたまるまで走ってみる。

暇なので走ってみる。

気分が落ち込んでいるので走ってみる。

 

こんな感じで空き時間に歩いたり、走ったりしてみると良いかもしれません。

特にオススメなのは仕事に帰ってきてから走ること!

仕事でのストレスや人間関係のストレスがすぐに解消されるのでマジでオススメします。

ストレスが解消出来ると快適な睡眠や自分の時間を有効に使うことが出来ますね。

嫌なことをひきずらないためにも少しでも走ると良いかも!?

スポーツをする

テニスをする人

ウォーキングやジョギングは一人でやるので長続きしない方はスポーツをするのが良いでしょう。

 

スポーツは自分の好きな物を選ぶと良いでしょう。

オススメはテニス。

テニスは少人数で始められるためマジでオススメです。

しかもテニスは他のスポーツよりも長生きできるということが判明しています。

 

詳しくはこちら

サウナ

サウナ

サウナも汗をかくのに適しています。

 

若い女性の間でもサウナに行くのが流行っていますね。

「サウナー」と呼ばれるサウナ好きのコミュニティも盛んになりつつあります。

芸能人の方でもサウナが好きな人がいますね。

ネプチューンの「原田泰造」さんはサウナ好きで有名です。

 

サウナは100度近い密室なので、いるだけで汗が出ます。

10分もいれば大量の汗をかいて、カラダがポカポカ。

デトックスと美肌効果も期待できます。

 

辛いものや熱いものを食べる

辛いもの

辛いものや熱いものを食べると汗が出ますね。

 

辛いものを食べると冷え性改善だけでなく、血行促進・血流改善の効果もあります。

主に唐辛子に含まれる「カプサイシン」は疲労回復も期待できます。

辛いものは食欲をそそりますよね。

夏バテ気味で食欲が無いときは辛いものを食べるのが良いですね。

 

まとめと総評

 

今回は汗をかくメリットについて解説しました。

汗をかくメリットは8つ。

  1. ストレスの解消
  2. 良い汗をかきやすくなる
  3. 考え方が前向きになる
  4. 気持ちや性格が前向きになる
  5. 代謝がアップして太りにくくなる
  6. デトックス効果
  7. むくみや冷え性の改善
  8. 美肌効果

 

日頃から汗をかくことで良い汗をかきやすくなり、疲れにくいカラダを作ります。

生活の中に少しずつ汗をかく時間を取り入れてみると良いかもしれませんね。

今日の朝に5分ウォーキングから始めてみてください!

今までの生活とかなり違ってくると思いますよ。

 


  • この記事を書いた人
アバター

toyokawashinun(とよかわしんうん)

-お役立ち

Copyright© NO TENNIS NO LIFE , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.