2019年ブリスベン国際/女子シングルスの対戦結果と大坂なおみ選手の試合内容をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、豊川です!

2019年のWTAツアーが始まりましたね。

注目は何と言っても前年全米オープンで優勝した大阪なおみ選手。

 

今年の彼女の活躍次第では、キャリアグランドスラム達成も夢ではないのではないでしょうか。

現在、女子プロには絶対的な王者がいない状態です。

世界ランクの変動は相当激しく変化することでしょう。

大坂選手が世界ランク1位になることもあり得ない話ではないですよね。

錦織と並んで日本の期待の星です。

 

今回は、2019年ブリスベン国債の試合結果と大坂なおみ選手の活躍について紹介していきたいと思います。

2019年ブリスベン国際/女子シングルスの試合結果

それでは、2019年ブリスベン国際の女子シングルスの試合結果を紹介していきます!

 

1日目(12月31日)

★ラウンド32(PAT RAFTER ARENA)

Y.プティンツェワ 6┃3┃4

K.プリスコバ   4┃6┃6

 

★ラウンド32(コート1)

D.カサトキナ 7┃4┃6(3)

K.ビレル   5┃6┃7(7)

 

★ラウンド32(コート2)

M.ブザルネスク 0┃2

L.ツレンコ    6┃6

 

★ラウンド32(コート2)

K.ムラデノビッチ 3┃6(2)

D.アイアバ    6┃7(7)

 

★ラウンド32(PAT RAFTER ARENA)

E.メルテンス 2┃7(8)┃4

K.ベルテンス 6┃6(6)┃6

 

★ラウンド32(コート2)

D.ベキッチ   6┃6

M.リバリコバ 1┃2

 

★ラウンド32(コート1)

H.ダート 1┃6┃6

P.ホン   6┃3┃4

 

★ラウンド32(コート1)

A.コンタベイト  6┃6

C.スアレスナバロ 0┃3

 

★ラウンド32(PAT RAFTER ARENA)

M.ボウズコバ 4┃6┃6

S.ストーサー   6┃2┃2

2日目(1月1日)

★ラウンド32(PAT RAFTER ARENA)

S.スティーブンス 4┃3

J.コンタ     6┃6

 

★ラウンド32(コート2)

K.シニアコバ    6┃3┃0

A.トムリャノビッチ 1┃6┃6

★ラウンド32(コート1)

A.セバストワ 6┃6

D.ガブリロワ 3┃3

 

★ラウンド32(コート2)

A.サスノビッチ 6┃7

A.ポタポワ   4┃5

 

★ラウンド32(コート1)

D.コリンズ 7(8)┃6(6)┃3

P.クビトバ  6(6)┃7(8)┃6

 

★ラウンド16(PAT RAFTER ARENA)

D.アイアバ  3┃2

大坂 なおみ 6┃6

 

★ラウンド16(コート2)

K.ビレル  4┃3

L.ツレンコ 6┃6

3日目(1月2日)

★ラウンド16(コート1)

A.セバストワ 6┃6

H.ダート      2┃0

 

★ラウンド16(PAT RAFTER ARENA)

 A.コンタベイト 7┃7(7)

P.クビトバ    5┃6(1)

 

★ラウンド16(コート1)

D.ベキッチ   7(7)┃1┃7

 K.ベルテンス 6(5)┃6┃5

 

★ラウンド16(コート2)

M.ボウズコバ 5┃2

K.プリスコバ  7┃6

 

★ラウンド16(コート1)

J.コンタ      2┃6(2)

A.トムリャノビッチ 6┃7(7)

 

★ラウンド16(PAT RAFTER ARENA)

E.スビトリナ  4┃6┃3

A.サスノビッチ 6┃0┃6

4日目(1月3日)

★準々決勝(PAT RAFTER ARENA)

A.セバストワ 6┃0┃4

大坂 なおみ    3┃6┃6

 

★準々決勝(PAT RAFTER ARENA)

L.ツレンコ   7┃6

A.コンタベイト 5┃3

5日目(1月4日)

★準々決勝(PAT RAFTER ARENA)

A.サスノビッチ 2┃0

D.ベキッチ   6┃6

★準々決勝(PAT RAFTER ARENA)

A.トムリャノビッチ 1┃6┃1

K.プリスコバ    6┃1┃6

6日目(1月5日)

★準決勝(PAT RAFTER ARENA)

L.ツレンコ  6┃6

大坂 なおみ 2┃4

★準決勝(PAT RAFTER ARENA)

D.ベキッチ   3┃4

K.プリスコバ  6┃6

7日目(1月6日)

★決勝(PAT RAFTER ARENA)

K.プリスコバ 4┃7┃6

L.ツレンコ   6┃5┃2

 

★世界ランク7位のプリスコバが大坂なおみを下したツレンコを倒し、優勝。

K.プリスコバ

優勝したプリスコバのコメント:

「非常に重要な試合だったと思う。このような試合をものにすることができれば今後に向けてさらに自信がつく」

「今日はとても集中していた、それが重要だった。彼女(ツレンコ)は素晴らしいプレーをしていたと思うし、間違いはなかった。ミスは互いにあったけれど、それで彼女は少し悪くなり、私は良く変化することができた」

 

プリスコバは先制されたものの、粘り強く2セット目を取り返し3セット目は完全に主導権を握る素晴らしいテニスを展開。

3セット目はブレークを許さず、サービスゲームは全てキープ。2つのブレークを奪っての勝利となりました。

強い!!圧倒的に強い!

全豪オープンでも強敵となることでしょうね。

大坂なおみ選手の試合結果について

さて、残念ながら準決勝でストレート負けしてしまいましたが大阪なおみ選手の試合結果について振り返りたいと思います。

大坂なおみ

2回戦(1/1)

大坂なおみ VS D.アイアバ

我らが大坂なおみ選手は第2シードで2回戦からの出場となりました。

対戦相手は世界ランク247位のオーストラリアのデスタニー・アイアバ選手。

18歳という若い選手で、何と大坂選手よりも若い選手です。

結果はセットカウント2-0(6-3、6-2)のストレート勝ち!

貫禄の勝利ですね。

何と6度のブレークポイントを凌ぎ、サービスゲームは全てキープ。

トータルで3本のブレークに成功。

順当な勝ち上がりに、胸を撫で下ろす思いだ。

 

第1セット

大坂なおみ選手からのサーブでゲームスタート。

第1・第2ゲームはお互いにキープ。

続く第3ゲームで、大坂選手は0-40とブレークの危機を迎えるもサービスエースなどで6ポイント連続で取り、キープに成功。

第4ゲーム、30-30から相手のダブルフォルトもありデュースへ。そのままストレートでブレークに成功!

第5~8ゲームはお互いにキープ。

第9ゲームは、40-30からダブルフォルトでデュースへ。3度のデュースの末、キープに成功。

第1セットは大坂なおみ選手がゲームカウント6-3で獲得した。

 

第2セット

D.アイアバ選手のサーブでゲームスタート。

第1・2ゲームはお互いにキープ。

第3ゲームで大坂選手がブレークに成功。

第2~6ゲームまで5ゲーム連続で獲得(ブレーク2本)

その内第6ゲームで30-40でD.アイアバがブレークのチャンスを迎えるも大坂選手が踏ん張りキープ。

第7ゲームはD.アイアバ選手がキープ。

続く第8ゲームで、15-40とまたもやブレークの危機を迎えます。

しかし、大坂選手は落ち着いていました。

サービスエースを皮切りに自分に流れを引き寄せ、デュースへ。

デュースからまたもやサービスエースを決めて見事にキープ。

第2セットも大坂選手が取り、終了となった。

 

危ない場面(相手選手のブレークチャンス)がいくつもあり、ヒヤヒヤしましたが要所を締めるテニスをした大坂選手の勝ちでした。

 

準々決勝(1/3)

大坂なおみ VS A.セバストワ

大坂選手の2回戦目の相手は世界ランク11位のアナスタシヤ・セバストワ選手。

28歳で、大坂選手よりも年上。

世界ランク11位となると、少しのミスも許されない大切な局面ですね。

セットカウント2-1(3-6、6-0、6-4)の逆転勝ち!!

見事な逆転勝ちを納めてくれました!1セット目はセバストワ選手のショットに苦しむも、2セット目以降は修正し流れを引き寄せたのが良かったですね。

悪い流れを引きずらないで、勝ったのは凄く良いと思います。

 

第1セット

大坂選手のサーブでゲームスタート。

第1ゲームに連続でポイントを取られ、いきなりブレークを許す・・・

第2ゲーム:40-0から2ポイント連続で返すもデュースに持ち込めず、A.セバストワ選手のキープ。

第3ゲーム:30-40からA.セバストワ選手が再びブレークチャンスを迎えるもサービスエースでデュースへ。そのままストレートでキープ。

第4~8ゲームはお互いにキープ。

ゲームカウント3-5で迎えた大坂選手のサービスゲーム。

30-15から3連続でポイントを取られブレーク。

第1セットは3-6でA.セバストワ選手が獲得。

 

第2セット

大坂選手のサーブでゲームスタート。

第1ゲームから1セット目はなかったかのようなエンジン全開ぶりを発揮。

第1ゲームをブレークすると、第2セットは2本のサービスエースを決めてのキープ。

第3ゲームは30-30から相手のダブルフォルトに付け込んでそのままデュースへ行くことなくブレークに成功!

第4ゲームはキープ。第5・6ゲームはラブゲームでのブレーク・キープに成功!

第2セット目はベーグルで大坂選手が獲得。

 

第3セット

A.セバストワ選手のサーブでゲームスタート。

第1・2ゲームはお互いにキープ。

第3ゲーム目、A.セバストワのダブルフォルトもあり大坂選手がラブゲームでブレーク。

第4~7ゲームはお互いにキープ。

ゲームカウント4-3で迎えた第8ゲーム、A.セバストワ選手のブレークチャンスを迎えるもサービスエースで取り戻しデュース。2回のデュースを挟み最後は大坂選手がキープ。

第9、10ゲームはお互いにキープし試合終了。

第3セットは大坂選手が獲得し、逆転勝ちを納めました!

 

準決勝(1/5)

大坂なおみ VS L.ツレンコ

準決勝は世界ランク27位のレシア ツレンコ選手との戦い。

L.ツレンコ選手とは今まで2回戦って、どちらも大坂選手が勝っています。

今回も勝って、決勝への道は進めたのでしょうか。

試合結果は0-2(2-6、4-6)のストレート負け。

決勝へは進めませんでした。

残念でした。鋭いストロークに対応が出来ず、ミスを重ねてしまいそのまま流れを呼び戻せずに負けてしまいました。

何と、大坂選手は1回もブレークが取れずに負けるという結果になってしまいました。

L.ツレンコ選手のサービスゲームは強かったです。

 

第1セット

大坂選手のサーブでゲームスタート。

第1ゲーム、30-30から2ポイントを連取されL.ツレンコ選手がブレーク。

第2~5ゲームはお互いにキープ。

第6ゲーム、ゲームカウント2-3(大坂選手から見て)。40-15から大坂選手が2ポイント連続で返し粘るも2度のデュースでL.ツレンコ選手がキープ。

第7ゲーム、大坂選手が良いところなく、L.ツレンコ選手にブレークを許す。

第8ゲームは、L.ツレンコ選手がキープ。

第1セットは、6ー2でツレンコ選手が獲得。

 

第2セット

大坂選手のサーブでゲームスタート。

第1ゲーム、L.ツレンコ選手の鋭いストロークに体勢を崩し対応出来ずにブレークを許す。

第2~5ゲームはお互いにキープ。

ゲームカウント2-3で迎えた第6ゲーム。大坂選手は2ポイント先制し、15-40でブレークチャンスを迎える。

だがL.ツレンコ選手は落ち着いており、要所で繰り出す鋭いストロークのウィナーでデュースへ。そのままL.ツレンコ選手がキープ。

第7・8ゲームはお互いにキープ。

3-5で迎えた第9ゲーム。相変わらず、L.ツレンコ選手の勢いは衰えず。15-40で再びブレークチャンスを迎えるも、2本のサービスエースでそれを許さず。そのまま大坂選手のショットが生きて、キープ。

第10ゲームは、L.ツレンコ選手がキープ。

ゲームカウント6-4で第2セットもL.ツレンコ選手が獲得。

ブリスベン国際について

  • 開催国:オーストラリア・ブリスベン
  • 開催地:クイーンズランド・テニス・センター
  • サーフェス:ハードコート
  • 大会ランク:インターナショナルシリーズ(2009~2011年)、プレミア(2012年~)
  • 開催年:2009年

 

歴代優勝者

  • 2009年:ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
  • 2010年:キム・クライシュテルス(ベルギー)
  • 2011年:ペトラ・クビトバ(チェコ)
  • 2012年:カイア・カネピ(エストニア)
  • 2013年:セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
  • 2014年:セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)
  • 2015年:マリア・シャラポワ(ロシア)
  • 2016年:ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
  • 2017年:カロリナ・プリスコバ(チェコ)
  • 2018年:エリナ・スビトリナ(ウクライナ)
  • 2019年:カロリナ・プリスコバ(チェコ)

 

まとめと総評

今回は2019年ブリスベン国際の試合結果と大坂なおみ選手の試合内容について紹介しました。

決勝に進めずという悔しい結果に終わりましたが、次に控える全豪オープンではもっともっと上に行けると信じています。

尚、大坂選手はシドニー国際へ出場を予定していましたが最終的には棄権という方向になりました。

 

全豪オープンでは更なる良いプレーを期待しています!

 

今日も

Let’s enjoy the tennis!!

 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*