投稿者について

当ページをご覧いただきましてありがとうございます。

このページでは作者の考えやブログのコンセプトを紹介します。

テニスの楽しさを伝えたい!!

当ブログは「テニスの楽しさを伝えたい」というコンセプトで立ち上げたブログになります。

テニスをやる人たちが増えることを願っています。

テニスを始めるきっかけは何でも良いです。

友達の紹介、プロ選手の試合を見て、ただ何となく、友達を作りたい、異性にモテたい、体を動かしたい等々。

テニスを始めるための動機は何でも良くて、テニスをまずは知ってほしいと思います。

やり始めてから合わなければ辞めればいいですし、面白いと思ったら続ければいいと思います。

全員が楽しいと思うとは限りませんが、極める価値はテニスにあります。

楽しいが続ける理由や上手になりたいという理由になりますからまずはテニスを楽しんでほしいです。

そしていつかは世界の猛者を倒してグランドスラムで優勝するような日本人が誕生してほしいと願っています。

テニスで人生が変わりました!

社会人になってからは日々の忙しさに忙殺され何で生きてるんだろうと日々を送っていました。

たまの休みの日にはパチンコやパチスロ。

少額のお金で遊んで勝った負けたを繰り返していました。

パチンコ・パチスロをやるきっかけは兄から教えてもらったのが最初です。

最初は何が何だか分からずに打って、当たって???でした。

パチンコ・パチスロは大学で一人暮らしを始めてから本格的にハマってしまいました。

周りでやる人が多かったのも原因の1つだったと思います。

その時からタバコも始めています。

周りに影響されてと取り残されたくない、格好つけたいと思っていました。

大学時代はパチンコ・パチスロの事しか考えていませんでした。

授業サボって行ったこともありますし、待ち合わせをすっぽかして行ったこともあります。

親の仕送りで打って負けて家賃を払えずに怒られたこともあります。

1度ならずに2度、3度もです。

大学を卒業して社会人になってもパチンコ・パチスロは辞められずにダラダラ打っては勝って負けてを繰り返す日々。

家に帰るとYoutubeやニコニコ動画でパチンコ・パチスロの動画を見て寝る習慣。

社会人になってからはMLMビジネスに勧誘されましたし、訳の分からない競馬ソフト、FXのソフトなどを買ったりして気付いた時には100万円以上の借金をしていました。

複数の消費者金融から借り入れをして、家賃は滞納。

ビジネスを含めて全ての事が結果が出ずにストレスが溜まってそれをパチンコ・パチスロで埋める日々。

その時の私の顔は相当疲れて、暗い顔をしていたと思います。

借金が親にバレて、死ぬほど怒られました。

怒られましたけども、借金は利息を含めて全額返済してもらいました。

怒られて反省しているように見せて心では全く反省していませんでした。

むしろ、借金が無くなってまた借りて打てることに喜びを感じていたほどです。

 

そんな覇気のない生活を送っていた私。

今後の不安を思いながらも考えるのが怖くて何も考えないようにしていました。

そんな私がある日、何気なくテニスの試合を見たのです。

錦織選手の試合だったと思いますがビビっと来たのを覚えています。

その瞬間にテニスやりたい!!と思いました。

 

テニスをやるために地元のテニスクラブの初心者講習会が丁度行われていたので参加しました。

講習会当日、コーチ陣が紹介され初心者の紹介と目標の発表がありました。

そこで私は「ウィンブルドンの大会で優勝します!!」と宣言しました。

今思えば超無謀なことを言ったなと思います笑笑

そんな無謀な目標を言ったからこそ今の自分があるのかなと思います。

 

高らかに目標を宣言したものの、最初は相手コートに返すことすらできなかったですね。

出来ないことが悔しくて悔しくて。

自分で言うのも変ですが結構練習しました笑笑

 

そのおかげもあってか、ボールを返せるようになりラリーも続くようになりましたし、ファインプレー

みたいなことも出来ました。

こんな僕でも上手になれるんだ・・・と感動したのを鮮明に覚えています。

 

努力すれば誰でも成果を出せる楽しさをテニスは僕に教えてくれました。

そんなテニスの魅力をこのブログで紹介していきたいと思います。

テニスをする魅力について

テニスをする魅力について以下の3つだと思います。

  1. テニスを通じて人との交流を図ることが出来る。
  2. 上手い下手に関わらずに。趣味として一生関わっていくことが出来る。
  3. テニスは気軽に始められて、しかも奥が深い。

 

1.テニスを通じて人との交流を図ることが出来る。

人と何かを話す際って共通の話題があると話しやすいですよね!

テニスという話題を二人で共有することで交流を図ることが楽になります。

テニスの話からプライベートの事など色々な話にもっていけます。

 

2.上手い下手に関わらずに、趣味として一生関わっていくことが出来る。

趣味としてならば下手でも楽しければそれで良いのです。

テニスが下手だから差別されたことは今まで一度もありません。

「惜しかったね」とか「あとちょっとだね」とか「もっとこうすれば良いよ」とアドバイスも貰えます。

あとは初心者だと分かっているので通っているテニスサークルでは強いボールを打たないような工夫もしてくれます。

非常にありがたいことです!!

そうやって鍛えてもらってテニスが上手になると褒められます。

「あの時から凄い上手くなったよね!」とか「サーブ入るようになったね!」とか「ラリーが続くようになったね!」とか「ボレー上手くなったね!」等々色々な点から褒められます。

一番嬉しかったのは「吸収が速いし、言われたことをちゃんとやってるから教え甲斐がある!」と言われたことです。

僕の性格をよく把握しているなぁと思いました笑笑

出来ないことが悔しいですし、負ける事は声が出るくらい悔しいです。

負けず嫌いが幸いしてここまで上達してテニスを好きになったという自負はあります。

 

3.テニスは気軽に始められて、しかも奥が深い

「テニスをやります!」と言ってもらえれば誰でもウェルカムです。

どのテニスクラブでもそうです。

テニスをやる人たちは新しい人が入ってくるのが嬉しいですし、同じ仲間が出来ることが嬉しいのです。

その新しく入った仲間を指導したりアドバイスしたりするのも嬉しいですし、楽しいです。

教えることで相手よりも自分の気付きになるので教える側の方が勉強になります。

教えてもらった方はコーチは出来るのに何故自分が出来ないのかを考えたり、動きや手の使い方などを工夫したりします。

自分で考えると上達するスピードが速くなります。

1つ出来るようになるとまた新しい疑問や出来ないことが出てきます。それを解決してまた別の問題にチャレンジする。この繰り返しでテニスは上手になるのです!

完璧に出来る人はいませんので、誰でも必ず問題を抱えているものです。

目の前の問題を解決し続けるのは本当に奥が深いと思いますよ!

作者がテニスを通じて伝えていきたいこと

「テニスの楽しさを伝えたい」というコンセプトのブログですが、そのテニスを通じて私が伝えたいことは以下の3点です。

  1. 趣味を持つことの凄さ
  2. テニスを通じて今の人生がもっともっと良くなってほしい
  3. 切磋琢磨出来る仲間を作ることが人生を豊かにする

 

1.趣味を持つことの凄さ

1つの事を本当に熱中している人って周りに中々いないのですよね。

ただ、何となく知っているとかやったことがあるという人が多いように思えます。

休日はテニスをやるというと「こいつ、力強いな!」ってなりませんか!?

更にテニスの試合をやるというと「頑張ってね!!」と応援されることもあります。

更に更にテニス大好きな事を公言しておくとテニスキャラが浸透するのも個人的には良いと思います!

テニス関連でいじられることも多々ありますので、それはそれで美味しいと思っています。

 

2.テニスを通じて今の人生がもっともっと良くなってほしい

私が一番言いたいのはこれです!!

私はテニスを通じて人生が確実に良くなりました。

良くなった理由

  • 体を動かすこと、鍛える事を習慣にした
  • もっともっと上手になりたいと思う⇒向上心が出てきた
  • 時間を忘れて楽しむことが出来る
  • 新しい仲間が出来た
  • 憧れの選手が出来た

私のブログを見て同じような人が増えればこれ以上嬉しい事はありません!

人生が良くなるのであれば別にテニスでなくても良いのです!

野球、サッカー、読書、バレー、釣り、将棋等々。

世の中には熱中できることが沢山あります。

その人に合った熱中できる事に取り組んでほしいと思っています。

その中で私はテニスであるということです。

大事なのは何をやるにしても「楽しい」という感覚を忘れないでほしいです。

楽しいから続ける、楽しいからもっと上手くなりたい、楽しいから紹介する。

楽しいという感覚や情熱は人を魅力的にしますし、人を惹きつけます。

楽しい感覚をいつまでも持ち続けて下さい!!

 

3.切磋琢磨出来る仲間を作ることが人生を豊かにする

仲間、ライバルの存在はことの他大きい物です。

例えば、ドラゴンボールの悟空とベジータの存在。

ベジータは悟空に負けることが悔しくて悔しくてたまらない。

誰よりも強いというプライドと自信が悟空という存在で否定されてしまう。

誰よりも強くなるという目標がいつの間にか悟空を超えるという目標になっていますね。

それくらいライバルの存在(=ベジータでいうところの悟空)は大きいという事です。

自分も強くなって相手も強くなりますからもっともっと強くなりたいと思うようになります。

何か無限ループのような気がしますが、それが良いと思います。

 

練習とか修行とか厳しいと思った時にライバルを思い出すと不思議と頑張れるのです。

実際に戦って相手が自分が強いとなった時はもっと練習しなければ相手を負かすことは出来ないと思うようになります。

「あいつがいたから頑張れた」のはあながち間違いではありません。

魅力的なマンガには必ずライバルの存在があります。

そんなライバルを自分の生活で見つけることが出来れば楽しいと思いませんか!?

当ブログが目指す先について

私は多くの人がテニスをやることにより「こんな面白いものが世の中にあるんだ!!」ということを知ってもらいたい。

前向きな考えや生き方になり、人生をもっともっと楽しんでもらいたい。

そのように考えております。

このブログがテニス界の裾野を広げる一助となり、テニスを愛する全ての人のお役に立てれば、

これほど嬉しいことはありません。もっともっとテニスを身近に感じて気軽に始められて、奥が深いスポーツということを知ってもらいたいです。

「私自身はテニス大会の運営側になりたいと思っています。日本で行われるテニス大会が増え、有名なテニスプレイヤーの来日が増え、日本の大会を観戦するために海外のファンが増え、日本の経済が活気づいていくことを切に願っています。」