テニスを生で観戦までの手順や準備するものまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、豊川です!

このブログを見てくれる方はテニスの上手い下手はさておき、テニスへの情熱があってパワフルな方だと思います。

テニスが上手くなりたくて動画を見たり、人に教えてもらったり陰で様々な努力をしていると思います。

上手くなるためにはテニスプロの試合を見てその空気感とかを知るのも重要だと思っています。

今回は世界中のプロが集まるテニスワールドツアーの観戦方法を紹介していきます。

ATPワールドツアーを観戦するためには

人生で一度はグランドスラムの試合を見てみたいですよね!!

特にウィンブルドンの決勝戦とかは一度見たらその光景が脳に焼き付いて離れないですよ、多分。

映像で見ても興奮しますが、生の観戦だったらもっともっとエキサイトしますよ!

 

それでは、ATPワールドツアーを観戦するために私たちが準備するものや把握すべきことを紹介します!

海外旅行をよくする方は大体準備するものが分かると思いますが、初めての方はしっかり準備しましょう。

現地について、忘れ物があったり、日程を把握していなかったりしたらせっかくのテニスの試合が見れなりますからね。

観戦したい大会の日程を把握する

一番初めに準備すべきことは観戦したい大会を決めることです。

当たり前ですが、どこの場所でどこの大会を見たいかをまずは決めましょう。

ATPワールドツアーの試合日程はほぼ決まっており、大きくずれることはほとんどありません。

開催時期は毎年大きく変わらないため、まずは観戦したい大会を選ぶところから始めましょう!!

あれもこれも見たい人もいると思いますがまずは一つに絞りましょうね。

欲張ると、日程を組むことが出来なくなるかもしれません。

ツアーの予約

観戦したい大会が決まったら、その大会のツアーに予約しましょう!!

旅行業者や航空会社により値段やホテルが違うためしっかりと吟味したいところです。

おススメはHISです。

グランドスラムは勿論のこと、ATPファイナルやマスターズのツアーも募集しているため、ラインナップが非常に豊富です。

観戦したい大会のツアーが募集していなかったら観に行けないですもんね。

また、大会に出場する日本の選手たちとの交流会もツアーに組み込まれていたり、様々なバリュエーションで楽しませようとしているのが伝わってきて非常に好印象です。

また、ツアーの中には観光を楽しむ時間や日程もありテニス以外でも楽しめるものになっています。

HISは色々な趣向でお客を楽しませようとしているのが分かります。

HISは世界の至る所に拠点を構えているため、現地のスタッフが助けてくれると思うので心強いです。

航空会社について・ホテルでの宿泊について

旅行業者が決まったところで、今度は利用する航空会社を選びます。

重要なのはホテルと金額です。

ツアーの金額と宿泊するホテルも大切になります。

安くて満足出来る航空会社を選びたいですよね!

しっかりと宿泊するホテルを見て、本当にそこに泊まって良いのかを判断するといいでしょう。

また、金額もしっかりチェックして自分の財布と相談しましょうね!

細かい事を知りたい場合は直接電話やメールをしてみるのもいいでしょう。

いつまでにツアーに申し込むべきか

ツアーに申し込むのはいつ頃までが良いのか?という疑問が出てきますね。

答えは明白「早ければ早いほど良い!!」です。

それだと、身も蓋もないですね・・・

大きな大会ほど予約がすぐに埋まるため、グランドスラムやATPファイナルはかなり早くに申し込んでおいた方がいいでしょう。

目安としては「半年前」。

HPからは予約状況を見ることが出来るので、その都度確認しましょう。

グランドスラムは圧倒的な人気なので、早めに計画しましょうね。

 

その他のマスターズの大会に関しては「3か月前」位からが良いでしょう。

ツアーの募集開始時期は若干異なりますので一概には言えませんがあくまでも目安として参考にしていただければと思います。

 

★ツアー申込が早ければ早いほど良い理由★

  1. 既定の日にちまで申込むと割引を受けることが出来る
  2. 早く申し込めば埋まっている可能性が低くなる
  3. 近くになってバタバタしない

 

1.まず、ツアーの申込は早めに行うと割引を受けることが出来ます。

これはどのツアーでもほぼあると思います。

旅行業者としては席が埋まらないのはダメージですから割引というサービスを設けることで集客を行っていると言えるでしょうね。

大体5,000~10,000円位でしょうか。これはHPのツアー概要を見れば記載されているはずです。

 

2.早く申し込めば当然席が埋まっていない可能性が高いため、予約が取れる可能性が高まります。

もし、仮に日程が合わなくなっていけなくなっても早めにキャンセルすることが出来てキャンセル料を取られることもなくなります。

大体1か月前からキャンセル料が発生するケースがあるみたいです。

 

3.早めに日程を組んでおくことでバタバタしなくなります。

ツアーに行く日にちを早めに決めておけば、別の予定が入っても断ることが出来ますよね。

また、その日にツアーに行くという楽しみが出来るため日々のモチベーションが上がります。

毎日ワクワクしながらツアーまでのカウントダウンを楽しむのも一興でしょう。

ワールドツアーを観戦するために準備するもの

ツアーの予約が完了したら、今度は持っていくものを確認しましょう。

持っていくものを把握しないとトラブルになったり、不便になりますのでしっかりとチェックしましょう。

テニス会場に持っていくものとそれ以外で持っていくものとで分けて紹介します。

 

テニス会場に持っていくもの

・日傘、帽子などの日差しを防ぐもの

テニスの会場は屋根が一部しか付いていない所がほとんどです。

屋根の無いところは直射日光でとても暑いです。

また、テニスの試合は長時間になることが多いため暑さ対策は必須です。

夏でなくても日差しを防ぐ帽子や日傘は用意したいものです。

 

・雨具

試合中に雨が降ってくることも考えられるため、折りたたみ傘やレインコートを用意しておきましょう。

濡れたときのためにタオルも多めに持っていくと良いと思います。

 

・寒さを凌ぐ物

地域や季節によっては肌寒い時もあります。

そういう時は座っているだけで体中が冷え切ってしまい、試合どころではなくなります。

楽しく試合を観戦するためにも寒さ対策をしましょう。

座席が冷たい場合はクッションを敷けば良いです。

手袋や耳当て、ひざ掛け、厚めの上着を持っていくのも良いでしょう。

体が冷たい場合は使い捨てカイロを当てるのも良いと思います。

持ってくるのを忘れた場合は現地で調達すると良いです。

 

・水分、食べ物

試合中に小腹が減ったり、のどが渇いた場合に備えて水分と軽い食べ物を持っていきましょう。

テニス会場は野球場や新幹線みたいに売り子がいません。

ですので、全て自分で調達しないといけないですがテニス会場の売店は人が多く値段も高いためおススメしません。

おにぎりやサンドイッチ、カロリーメイトなど軽くつまめるものを携帯すると良いでしょう。

 

テニス会場以外で必要なもの

・パスポート

海外に行くためには必ず必要になります。

申請したことがない方は迷うかもしれませんが、簡単に出来ます。

住民票を登録してあるパスポートセンターに行きます。

必要書類を持って書類を書き、手数料を払って終了です。

申請してから早くて1週間位で出来ます。

詳しくは外務省HPをご覧ください⇒パスポートの申請から受領まで

・航空券

当たり前ですが、航空券も持ちましょう。

持っていないと飛行機に乗れませんから現地に着くことが出来ません。

最近は航空会社から送られてくる「メールに添付されてきます」。

その添付されたチケットを印刷してチケットのバーコードを機械にかざすだけでチェックインが出来るよういなっています。

便利な世の中ですね!

・チケット

テニス会場に入るにはチケットが必要になります。

当日に渡されるか、メールに添付されてきます。

・お金

お土産やツアー以外で必要な物を買うときのために準備しましょう。

日本円を海外で使えるよう紙幣に変える機械があるなので予め用意しなくても大丈夫みたいです。

・クレジットカード

海外ではクレジットしか使えないようなお店もあるみたいなので、念のため持って行った方がいいです。

ただし、盗難には十分気を付けましょう。

日本のように治安が良い国ばかりではないですので

まとめと総評

今回は海外で行われるテニスのワールドツアー観戦までの手順と必要な物について紹介しました。

  • 観戦する試合の日程を把握する
  • ツアーは早めに予約
  • 金額と相談
  • パスポート・航空券を準備
  • テニス会場・会場以外で必要な物を準備

以上のことに気を付けて準備しましょうね。

 

今日も

Let’s enjoy the tennis!!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*