全豪オープンテニス2019年1月15日男子/女子シングルスの試合結果と錦織圭・大坂なおみの試合内容についてまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、豊川です!

全豪オープンが始まり、メルボルンは今年もかなり暑いみたいです。

メルボルンでは気候以上に熱い試合が続いています。

さて、大会2日目は錦織圭と大坂なおみが試合に登場します。

 

今回は全豪オープン2日目の1月15日男子/女子シングルスの試合結果について紹介します。

全豪オープン2019/1/15の男子シングルスの試合結果

★ラウンド128(コート13)

A. Popyrin     7┃7(9)┃6

M. ズベレフ 5┃6(7)┃4


★ラウンド128(コート5)

F. クライノビッチ 4┃0┃6┃7(10)┃6

M. チェッキナート    6┃6┃1┃6(6)┃4


★ラウンド128(コート10)

J. シャルディー 3┃7(8)┃6┃6(4)┃7(9)

U. アンベール    6┃6(6)┃4┃7(8)┃6(6)


★ラウンド128(コート7)

J. ツォンガ 6┃6┃7(7)

M. クリザン   4┃4┃6(5)


★ラウンド128(コート8)

P. コールシュライバー 6┃6┃6

Z. Li          2┃2┃4


★ラウンド128(コート12)

M. グラノリェルス 3┃4┃4

M. コピル     6┃6┃6


★ラウンド128(コート19)

L. プイユ     6┃7┃6

M. ククシュキン 1┃5┃4


★ラウンド128(コート3)

ダニエル太郎 5┃4

T. コキナキス   7┃2 途中棄権


★ラウンド128(コート20)

D. ゴフィン 6┃6┃6

C. ガリン   0┃2┃2


★ラウンド128(1573 Arena)

P. アンドゥハル  2┃3┃6(3)

D. シャポバロフ 6┃6┃7(7)


★ラウンド128(ロッド・レーバー・アリーナ)

A. ズベレフ 6┃6┃6

A. ベデネ  4┃1┃4


★ラウンド128(コート12)

L. ジェレ   7(7)┃4┃1┃6(5)

E. ドンスコイ 6(5)┃6┃6┃7(7)


★ラウンド128(コート14)

ビョルン・フラタンジェロ 6(2)┃4┃2

G. シモン           7(7)┃6┃6


★ラウンド128(コート10)

L. Vanni     7(7)┃6┃3┃5┃4

P.カレノブスタ 6(5)┃2┃6┃7┃6


★ラウンド128(コート22)

G. ページャ 6(2)┃6┃6(5)┃6┃2

J. ソウザ   7(7)┃4┃7(7)┃4┃6


★ラウンド128(コート7)

A. ボルト 4┃6┃6┃6

J. ソック  6┃3┃2┃2


★ラウンド128(コート8)

鄭現    6(5)┃6(5)┃6┃6┃6

B. クラン 7(7)┃7(7)┃3┃2┃4


★ラウンド128(メルボルン・アリーナ)

B. チョリッチ 6┃6┃6

S. ダルシス  1┃4┃4


★ラウンド128(コート14)

ロイド・ハリス   1┃2┃1

D. メドベージェフ 6┃6┃6


★ラウンド128(コート22)

J. ベセリー 0┃5┃3

R. ハリソン   6┃7┃6


★ラウンド128(コート19)

I. カロビッチ  6(5)┃7(7)┃7(7)┃7(7)

H. ホルカシュ   7(7)┃6(5)┃6(3)┃6(5)


★ラウンド128(コート5)

I. イヴァシュカ 4┃7(8)┃6┃4

M. ジャジリ    6┃6(6)┃1┃0  途中棄権


★ラウンド128(コート13)

A. ラモス=ビノラス 3┃4┃7(7)┃3

M. フクソービッチ    6┃6┃6(5)┃6


★ラウンド128(コート15)

N. ジャリ   6(4)┃6(3)┃6┃3

L・マイエル 7(7)┃7(7)┃4┃6


★ラウンド128(マーガレット・コート・アリーナ)

K. Majchrzak 6┃7(8)┃0┃2┃0 途中棄権

錦織圭       3┃6(6)┃6┃6┃3


★ラウンド128(コート20)

S. クエリー     7┃6(6)┃3┃1

P. H. エルベール 5┃7(8)┃6┃6


★ラウンド128(1573 Arena)

F. フォニーニ 7(7)┃7(9)┃3

J. ムナル    6(3)┃6(7)┃1 途中棄権


★ラウンド128(コート3)

S. ワウリンカ 3┃3

E. ガルビス     6┃1  途中棄権


★ラウンド128(コート15)

M. マーテラー    6┃6┃6

グレブ・サハロフ 3┃1┃3


★ラウンド128(メルボルン・アリーナ)

N. キリオス   4┃6(5)┃4

M. ラオニッチ 6┃7(7)┃6


★ラウンド128(ロッド・レーバー・アリーナ)

N. ジョコビッチ       6┃6┃6

ミッチェル・クルーガー 3┃2┃2


★ラウンド128(ロッド・レーバー・アリーナ)

B. ペール    4┃3┃7┃6┃3

D. ティエム 6┃6┃5┃1┃6

 

全豪オープン2019/1/15の女子シングルスの試合結果

★ラウンド128(コート3)

J.コンタ       7(7)┃2┃7(9)

A.トムリャノビッチ 6(4)┃6┃6(7)


★ラウンド128(コート8)

ワン チャン 6┃6

F.フェロ    4┃3


★ラウンド128(コート12)

Z.ディアス   6┃5┃1

A.クルニッチ 3┃7┃6


★ラウンド128(コート7)

E.メルテンス   6┃7

A.シュミエドロバ 2┃5


★ラウンド128(コート10)

P.パルマンティエ 4┃6(5)

A.ポタポワ       6┃7(7)


★ラウンド128(ロッド・レーバー・アリーナ)

D.アイアバ 2┃2

M.キーズ    6┃6


★ラウンド128(メルボルン・アリーナ)

K.ムホバ    3┃2

K.プリスコバ 6┃6


★ラウンド128(ロッド・レーバー・アリーナ)

T.マリア       0┃2

S.ウィリアムズ 6┃6


★ラウンド128(1573 Arena)

E.ブシャール   6┃6

ペン シューアイ 2┃1


★ラウンド128(コート20)

M.バルテル     3┃1

A.セバストワ 6┃6


★ラウンド128(コート3)

ジェン サイサイ  2┃3

G.ムグルサ    6┃6


★ラウンド128(マーガレット・コート・アリーナ)

T.ジダンセク 7┃6

D.ガブリロワ 5┃3


★ラウンド128(コート19)

M.ブレングル 6┃6

土居 美咲   4┃0


★ラウンド128(コート13)

D.カサトキナ  3┃0

T.バシンスキー 6┃6


★ラウンド128(コート5)

N.ヴィクリャンチェワ 6(2)┃6┃6

V.レプチェンコ     7(7)┃2┃4


★ラウンド128(コート15)

B.アンドリースク 7(7)┃6(0)┃6

W.オスイグウェ    6(1)┃7(7)┃3


★ラウンド128(メルボルン・アリーナ)

L.シグムント 6(5)┃6┃6

V.アザレンカ 7(7)┃4┃2


★ラウンド128(コート14)

C.スアレスナバロ 7┃6

C.ビュレル    5┃2


★ラウンド128(コート7)

C.ジョルジ   6┃6

D.ヤクポビッチ 3┃0


★ラウンド128(コート13)

S.フェーゲレ    2┃1

シェ シュウェイ 6┃6


★ラウンド128(マーガレット・コート・アリーナ)

V.ウィリアムズ  6(3)┃7(7)┃6

M.ブザルネスク  7(7)┃6(3)┃2


★ラウンド128(コート20)

V.クズモバ 4┃6┃6

K.コズロバ 6┃4┃2


★ラウンド128(コート22)

A.コルネ    6┃6

L.アルアバレナ  2┃2


★ラウンド128(コート14)

K.プリスコバ 7(7)┃2┃6

A.ブリンコワ  6(2)┃6┃2


★ラウンド128(1573 Arena)

V.グルビク   1┃2

E.スビトリナ 6┃6


★ラウンド128(コート15)

チュ リン     6┃2┃2

M.ガスパリャン 4┃6┃6


★ラウンド128(コート19)

I.スウィアテク   6┃3┃6

A.ボグダン    3┃6┃4


★ラウンド128(メルボルン・アリーナ)

S.ストーサー    5┃2

D.ヤストレムスカ 7┃6


★ラウンド128(コート12)

S.ケニン    6┃3┃7

V.クデルメトバ 3┃6┃5


★ラウンド128(コート8)

D.チブルコワ    2┃6┃2

ジャン シューアイ 6┃4┃6


★ラウンド128(マーガレット・コート・アリーナ)

S.ハレプ  6(2)┃6┃6

K.カネピ  7(7)┃4┃2


★ラウンド128(ロッド・レーバー・アリーナ)

大坂 なおみ 6┃6

M.リネッテ 4┃2

 

錦織圭の試合内容について

錦織圭

錦織圭 VS K.マイクシャク

錦織圭初戦の相手は世界ランク176位のK.マイクシャク(ポーランド)です。

試合結果は相手選手の棄権での決着となりました。

セットカウント2-2(3-6、6(6)-7(8)、6-0、6-3、3-0)で5セット目の途中での棄権でした。

 

いきなり2セットを取られたときは、

「あぁ、\(^o^)/オワタ」

かと思いましたが、

錦織がしっかりと修正し、すぐに2セットを取り返したのは流石だなと思いました。

錦織の修正力は本当に凄いなと。

K.マイシュジャクは、第3セットの終わり位から足を気にするような素振りを見せているため飛ばし過ぎたのかなと思いました。

23歳と若い選手なので、ペース配分がまだ弱かったのかなと推測します。

錦織が粘りのテニスで辛抱強くチャンスを待っていたのでしょう。

 

第1セット(K.マイシュジャク6-3)

  • 第1ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

錦織がフォアハンドウィナーで2ポイント連取、K.マイシュジャクが2ポイント返す。その後30-40で錦織がブレークチャンスを迎えるも、リターンがアウトになりデュース。錦織のリターンがアウト、バックハンドのミスでK.マイシュジャクがキープ。

  • 第2ゲーム:錦織 圭がキープ

K.マイシュジャクの強烈なバックハンドに苦しめられるも、最後は錦織のフォアハンドウィナーが決まりキープ。

  • 第3ゲーム:K.マイシュジャクがラブゲームでキープ

K.マイシュジャクの強烈なサーブに錦織のリターンが2本アウト。ストロークに持ち込むも錦織のバックハンドがアウトになり、K.マイシュジャクがラブゲームでキープ。

  • 第4ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織のダブルフォルト・K.マイシュジャクのパッシングショットが決まり15-30となるが、錦織のバックハンドウィナーなどを含め3ポイント連取し、錦織がキープ。

  • 第5ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

K.マイシュジャクのダブルフォルトから錦織が3ポイント連取、ブレークチャンス。錦織の2本のミスでデュース。そのままK.マイシュジャクがストレートでキープ。4ポイント連取。

  • 第6ゲーム:K.マイシュジャクがラブゲームでブレーク

錦織圭のダブルフォルトを発端に、錦織がミスを犯し1ポイントも奪えずにK.マイシュジャクがラブゲームでブレーク。

  • 第7ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

K.マイシュジャクのサービスエース・ダウンザライン・サービスエースで40-0。錦織がバックハンドウィナーとK.マイシュジャクのバックがアウトになり、40-30。最後はK.マイシュジャクのサービスエースでキープとなった。

  • 第8ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織のサーブが冴え渡る!!いきなり、K.マイシュジャクの2本のリターンがアウト。30-15から錦織のサービスエース、ラストはK.マイシュジャクのバックハンドがアウトで錦織がキープ。

  • 第9ゲーム:K.マイシュジャクがキープ、第1セットを奪取。

K.マイシュジャクのフォアハンドが絶好調。フォアハンドウィナーが2本決まるなど錦織圭を圧倒し、K.マイシュジャクがキープ。第1セットを奪取。

 

第2セット(K.マイシュジャク7(8)-6(6))

  • 第1ゲーム:錦織 圭がキープ

K.マイシュジャクが2本のブレークチャンスを迎えるも、錦織が許さずにキープ。

15-0からK.マイシュジャクが3ポイント連取。15-40で最初のブレークチャンス。錦織のバック・フォアハンドでデュース。2回のデュースで錦織がキープ。

  • 第2ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

K.マイシュジャクが2本のミスで錦織圭がリードするもK.マイシュジャクがキープ。

  • 第3ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織圭の安定した攻めで、キープ。

  • 第4ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

K.マイシュジャクが2本のサービスエースを決め、キープ。

  • 第5ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織のサーブで主導権を握り、キープ。

  • 第6ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

錦織のフォアハンドウィナーとK.マイシュジャクのミスで2度目のブレークチャンスを迎えるが、K.マイシュジャクの強烈なサーブに錦織のリターンは立て続けにアウトに。最後は錦織のバックハンドがアウトになり、K.マイシュジャクがキープ。

  • 第7ゲーム:K.マイシュジャクがブレーク

K.マイシュジャクのバックハンドウィナー、錦織のミスにより0-40でK.マイシュジャクにブレークチャンス。そこから錦織が2本返すも最後はK.マイシュジャクのリターンエースでK.マイシュジャクがブレーク。

  • 第8ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

K.マイシュジャクがあっさりとキープ。

  • 第9ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織が3本のウィナーとサービスエースを決めてキープ。

  • 第10ゲーム:錦織 圭がラブゲームでブレーク

錦織がサーブを綺麗に返し、ストロークに持ち込む。K.マイシュジャクのミスを誘う。錦織がラブゲームでブレーク。

  • 第11ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織の2本のサービスエースとボレーが決まり、キープ。

  • 第12ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

錦織のスマッシュが決まり、勢いに乗るかと思いきや3本のミスで40-30。錦織のリターンエースでデュース。K.マイシュジャクがキープ。

  • タイブレーク:8-6でK.マイシュジャクが第2セットを奪取

お互いのサーブ時にポイントを重ねる展開。錦織が6-5でセットポイントを迎えるも奪えずに、逆にK.マイシュジャクが連続でポイントを獲得。K.マイシュジャクが8-6で第2セットを奪取。

 

第3セット(錦織圭6-0)

  • 第1ゲーム:錦織 圭がブレーク

K.マイシュジャクのダブルフォルトから錦織がリターンエースを2本決めるなどし、錦織がブレーク。

  • 第2ゲーム:錦織 圭がラブゲームキープ

逆クロスのラリーを制した錦織がラブゲームでキープ。

  • 第3ゲーム:錦織 圭がラブゲームでブレーク

K.マイシュジャクの2本のダブルフォルトもあり、錦織がラブゲームでブレークに成功。K.マイシュジャクが右足を気にしている様子がうかがえる。

  • 第4ゲーム:錦織 圭がキープ

K.マイシュジャクのリターンエースが決まるも、錦織が踏ん張り、キープ。K.マイシュジャクは左足も気にしている素振りが出てくる。

  • 第5ゲーム:錦織 圭がブレーク

K.マイシュジャクの動きが悪く、錦織が畳みかけるようにミスを誘いブレークに成功。

  • 第6ゲーム:錦織圭がブレークで第3セットを獲得

錦織のフォアハンドウィナーと相手のミスで錦織がブレークに成功。第3セットは錦織が奪う。

 

第4セット(錦織圭6-2)

  • 第1ゲーム:錦織 圭がブレーク

K.マイシュジャクが2ポイント先取するが、錦織が4ポイント連取しブレーク。

  • 第2ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織のフォア・バックハンドウィナーが決まり2本先取するが、錦織のダブルフォルトからK.マイシュジャクが3本連取。2本のデュースを挟み錦織がキープ。

  • 第3ゲーム:錦織 圭がラブゲームでブレーク

錦織のリターンエースからK.マイシュジャクのダブルフォルト、K.マイシュジャクのミスで錦織がキープ。

  • 第4ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織のサービスエースから3ポイント連取、K.マイシュジャクが2ポイントを返すも最後は錦織のバックハンドウィナーが決まりキープ。

  • 第5ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

K.マイシュジャクが調子を取り戻し、キープ。

  • 第6ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織がストローク戦を制し、キープ。

  • 第7ゲーム:K.マイシュジャクがキープ

K.マイシュジャクが主導権を握り、キープ。

  • 第8ゲーム:錦織圭がラブゲームでキープし、第4セットを奪取

錦織のサーブでK.マイシュジャクのリターンが2連続でアウトになり、その後は錦織のバックハンドウィナーとK.マイシュジャクのリターンがネットにかかり錦織がラブゲームでキープ。錦織がゲームカウント6-2で第4セットを奪取に成功!

 

第5セット(錦織圭3-0)

  • 第1ゲーム:錦織 圭がブレーク

2セット連取し、勢いに乗る錦織が攻める!フォアハンドウィナーとボレーが決まり錦織がブレーク。

  • 第2ゲーム:錦織圭がキープ

K.マイシュジャクが力強いショットを打つもネットにかかり錦織がキープ。

  • 第3ゲーム:錦織圭がラブゲームでブレーク

錦織が2本のリターンエースとK.マイシュジャクのミスで錦織がラブゲームでブレークに成功!

K.マイシュジャクが棄権となり、錦織の勝利となる。

 

試合後の錦織のコメント

「彼(マイクシャク)のプレーがよかった。自分のプレーが彼に合っていたと思います。初めての対戦なので、彼の方がプレッシャーはなかった。(第1・第2セットで)チャンスを取りきれなかった。自分のプレーは、そんなに悪くなかった」

 

「(マイクシャクに)正直、かなりビックリはありました。1セット目はチャンスがあって、1・2ブレークできていたら展開は変わっていたと思います。(マイクシャクは)内容的にトップ50とか30にいてもおかしくないテニスをしていた」

 

「(焦りは)ないわけではないですけど、落ち着いてプレーしようと思いました。後半は自分のプレーが多少よくなった。ポイントをあげないように意識していた」

 

「今日は100点ではなく、70・80点。修正して、次に臨みたいと思います」

引用:テニス365.net

大坂なおみの試合内容について

大坂なおみ

大坂なおみ VS M.リネッテ

大坂なおみ初戦の相手は世界ランク30位ポーランドのマグダ・リネッテ選手です。

セットカウント2-0(6-4、6-2)で大坂なおみ選手がストレートでの勝利となりました。

 

大坂選手の初戦は快勝となりました!

第1・2セット共に安定したテニスを見せた大坂選手が勝ち上がり、2回戦進出となりましたね。

 

第1セット(大坂6-4)

  • 第1ゲーム:M.リネッテがキープ
  • 第2ゲーム:大坂 なおみキープ
  • 第3ゲーム:大坂なおみブレーク
  • 第4ゲーム:M.リネッテがブレーク
  • 第5ゲーム:大坂なおみがブレーク
  • 第6ゲーム:大坂なおみがキープ
  • 第7ゲーム:M.リネッテがキープ
  • 第8ゲーム:大坂なおみがキープ
  • 第9ゲーム:M.リネッテがキープ
  • 第10ゲーム:大坂なおみがキープし、第1セットを奪う。

 

大坂選手は第3ゲーム目でブレークするも、すぐさまブレークバックを許す。だが再度ブレークに成功。そのまま両者がキープを続け第1セットは見事大坂選手が獲得!

 

第2セット(大坂6-2)

  • 第1セット:M.リネッテがキープ
  • 第2セット:大坂なおみがキープ
  • 第3セット:大坂なおみがブレーク
  • 第4セット:大坂なおみがキープ
  • 第5セット:M.リネッテがキープ
  • 第6セット:大坂なおみがキープ
  • 第7セット:大坂なおみがブレーク
  • 第8セット:大坂なおみがキープ

 

第2セットは大坂選手の独壇場。1度もブレークを許さず、自身は2度のブレークに成功!

第2セットも大坂選手が奪取し、初戦突破となりました。

まとめと総評

今回は全豪オープン2日目の1月15日男子/女子シングルスの試合結果について紹介しました。

 

予選を突破した土居美咲選手は本戦1回戦突破となりませんでした。

残念ですが本戦に出場出来るだけで相当凄いと思います。

予選を突破する力があるのは流石だなと思いました。

 

ダニエル太郎選手が相手選手の棄権により1回戦突破です。

頑張れ!ダニエル。

さて、錦織圭・大坂なおみは無事に勝利し初戦突破となりました。

これからも彼らの動向に期待です!

 

今日も

Let’s enjoy the tennis!!

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*