全豪オープン2019年1月19日男子シングルス/女子シングルスと錦織圭・大坂なおみの試合結果をまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、豊川です!

1/19で全豪オープンも6日目です。

 

今回は全豪オープン2019/1/19の男子/女子シングルスの試合結果について紹介します!

全豪オープン2019/1/19の男子シングルスの試合結果

★ラウンド32(メルボルン・アリーナ)

D.ゴフィン    2┃6(3)┃3

D.メドベージェフ 6┃7(7)┃6


★ラウンド32(マーガレット・コート・アリーナ)

J.ソウザ   6(6)┃1┃2

錦織 圭  7(8)┃6┃6


★ラウンド32(1573 Arena)

F.フォニーニ   2┃4┃6┃4

P.カレノブスタ 6┃6┃2┃6


★ラウンド32(メルボルン・アリーナ)

P.エルベール   4┃4┃6(6)

M.ラオニッチ 6┃6┃7(8)


★ラウンド32(ロッド・レーバー・アリーナ)

N.ジョコビッチ 6┃6┃4┃6

D.シャポバロフ  3┃4┃6┃0


★ラウンド32(1573 Arena)

B.コリッチ    2┃6┃6┃6

F.クライノビッチ  6┃3┃4┃3


★ラウンド32(ロッド・レーバー・アリーナ)

A.ズベレフ 6┃6┃6

A.ボルト   3┃3┃2


★ラウンド32(マーガレット・コート・アリーナ)

L.プイユ  7(7)┃6┃6(10)┃4┃6

A.ポピリン 6(3)┃3┃7(12)┃6┃3

全豪オープン2019/1/19の女子シングルスの試合結果

★ラウンド32(マーガレット・コート・アリーナ)

大坂 なおみ   5┃6┃6

シェ シュウェイ 7┃4┃1


★ラウンド32(ロッド・レーバー・アリーナ)

ジャン シューアイ 6┃4┃5

E.スビトリナ    4┃6┃7


★ラウンド32(1573 Arena)

ワン チャン     3┃3

A.セバストワ 6┃6


★ラウンド32(ロッド・レーバー・アリーナ)

D.ヤストレムスカ  2┃1

S.ウィリアムズ   6┃6


★ラウンド32(マーガレット・コート・アリーナ)

E.メルテンス  3┃2

M.キーズ     6┃6


★ラウンド32(マーガレット・コート・アリーナ)

S.ハレプ    6┃6

V.ウィリアムズ 2┃3


★ラウンド32(メルボルン・アリーナ)

T.バシンスキー 6(5)┃2

G.ムグルサ      7(7)┃6


★ラウンド32(ロッド・レーバー・アリーナ)

C.ジョルジ  4┃6┃2

K.プリスコバ 6┃3┃6

 

錦織圭の試合結果について

錦織圭

錦織圭 VS J.ソウザ

錦織3回戦目の相手は世界ランク44位のジョアン・ソウザ(ポルトガル)

結果は、

セットカウント3-0(7(8)ー6(6)、6-1、6-2)で錦織圭のストレート勝ちとなりました!!

良かった~、オメデトウ錦織(^-^)

 

錦織が終始相手を圧倒している感じがしましたね。

2回戦の「負けると思った・・・」の試合とは打って変わって安心して見ていられる展開でしたね~

今年の錦織はサーブがかなり進化していると感じますね。

錦織にサーブが加わったら、

鬼に金棒な状態!(^^)!

サーブで点が取れなくても、得意のストロークに持ち込めば主導権を握れる!!

 

あと、錦織と言えば、タイブレーク王ですよね~

3回戦もタイブレークを制して勢いに乗れました。

今日の錦織は本当に凄かった!そして強かったです。

メチャクチャ集中しているように感じました。

ゾーンに入っているかのような動きと集中力で素晴らしいテニスでした。

 

今日はサッカーの本田選手が観戦していました!

テレビでの対談以降交流があったみたいですね。

メルボルンでは、錦織とテニスのダブルスを組んでファンと交流もしているみたいです。

羨ましすぎる(≧▽≦)

 

第1セット:(錦織7(8)ー6(6))

  • 第1ゲーム:錦織 圭がブレーク

錦織がいきなりブレークに成功する!フォアハンドウィナーと相手のミスにより第1ゲームは錦織がブレーク

  • 第2ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織のダブルフォルトがあるも最後はJ.ソウザのリターンがアウトになり、錦織がキープ。

  • 第3ゲーム:J.ソウザがラブゲームでキープ

J.ソウザのサーブが凄まじく、1本のサービスエースと錦織のリターンが3本アウトになりJ.ソウザがラブゲームでキープ。

  • 第4ゲーム:J.ソウザがブレーク

錦織の2本のダブルフォルトを犯してしまい、錦織が2ポイント返すも最後は錦織のフォアハンドがアウトになりJ.ソウザがブレーク。

  • 第5ゲーム:J.ソウザがキープ

J.ソウザの2本のミスで15-30と錦織がリードするも、J.ソウザが3ポイント連取しキープ。

  • 第6ゲーム:錦織 圭がラブゲームでキープ

錦織のフォアハンドウィナー、J.ソウザのリターンが2本アウトになるなど錦織がラブゲームでキープ。

  • 第7ゲーム:J.ソウザがラブゲームでキープ

J.ソウザの2本のサービスエースを炸裂させ、ラブゲームでキープ。

  • 第8ゲーム:錦織 圭がキープ

J.ソウザのリターンが3本アウトになるなど、錦織のサーブが良くキープ。

  • 第9ゲーム:J.ソウザがキープ

錦織が15-30とリードをするも、J.ソウザに逆転されキープ。

  • 第10ゲーム:錦織 圭がキープ

J.ソウザのリターンが2本ネット、錦織のスマッシュが決まり40-0。J.ソウザに2ポイント返されるも、J.ソウザがフォアハンドがアウトになり錦織がキープ。

  • 第11ゲーム:J.ソウザがキープ

錦織が30-40とブレークチャンスを握るも、J.ソウザに阻止されキープ。

  • 第12ゲーム:錦織 圭がラブゲームでキープ

錦織の2本のウィナーと相手のミスでラブゲームで錦織がキープ。

  • タイブレーク:錦織圭が8-6でタイブレークを制し、第1セットを取る!

 

  • 1-0:J.ソウザのフォアハンドがアウト
  • 2-0:錦織圭のサービスエース
  • 3-0:J.ソウザのフォアハンドがネット
  • 3-1:J.ソウザのフォアハンドウィナー
  • 3-2:J.ソウザのサービスエース
  • 4-2:J.ソウザのリターンがネット
  • 5-2:錦織圭のサービスエース
  • 5-3:J.ソウザのサービスエース
  • 5-4:J.ソウザのサービスエース
  • 6-4:J.ソウザのフォアハンドがネット
  • 6-5:錦織圭のバックハンドがアウト
  • 6-6:錦織圭のフォアハンドがアウト
  • 7-6:J.ソウザのフォアハンドがアウト
  • 8-6:J.ソウザのバックハンドがネットにかかる

 

第2セット:(錦織6-1)

  • 第1ゲーム:錦織 圭がキープ

J.ソウザのショットが3本ネットにかかるなど、主導権を握り最後はフォアハンドウィナーを決めて錦織がキープ。

  • 第2ゲーム:J.ソウザがキープ

お互いにフォアハンドウィナーを決めるなど、ポイント的には交互に取りデュースへ持ち込むも錦織のショットがアウトになりJ.ソウザがキープ。

  • 第3ゲーム:錦織 圭がキープ

J.ソウザのショットが3本ネットかかるなどストローク戦を制し、最後はJ.ソウザのリターンがアウトになり錦織がキープ。

  • 第4ゲーム:錦織 圭がブレーク

J.ソウザのバックハンドが2本、フォアハンドが2本ネットにかかり錦織がブレークに成功!!

  • 第5ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織のサービスエースとJ.ソウザのリターンが2本アウトで錦織がキープ。

  • 第6ゲーム:錦織 圭がブレーク

J.ソウザに2ポイント先取されるも錦織は諦めず。リターンエースとJ.ソウザのダブルフォルトで詰め寄り、フォアハンドウィナーでデュース。最後は錦織の華麗な必殺技ドロップショットが決まり錦織が再びブレークに成功する!!

  • 第7ゲーム:錦織 圭がキープ

錦織の2本のウィナーを含むストレートでキープ。錦織が6-1で第2セットを奪うことに成功sる

第3セット:(錦織6-2)

  • 第1ゲーム:錦織 圭がブレーク

錦織の2本のウィナーとボレーが決まり、30-40からJ.ソウザのフォアがネットにかかり錦織がブレーク。

  • 第2ゲーム:錦織 圭がラブゲームでキープ

錦織のフォアハンドウィナーから、J.ソウザのミスが続き最後は錦織のサービスエースでラブゲームでキープに成功する!

  • 第3ゲーム:錦織 圭がブレーク

30-15から錦織が怒涛の4連続ポイントでブレークに成功。J.ソウザとのストローク戦を制す!

  • 第4ゲーム:錦織 圭がラブゲームでキープ

錦織が攻める!!フォアハンドウィナーと必殺技のドロップショットが決まり、最後はJ.ソウザのリターンがアウトになる。錦織がラブゲームでキープ。

  • 第5ゲーム:J.ソウザがキープ

錦織が2ポイント連取するもJ.ソウザが意地を見せ、4ポイント立て続けに奪いキープ。最後はJ.ソウザのサービスエース。

  • 第6ゲーム:錦織 圭がキープ

J.ソウザのリターンアウトから錦織が攻めに攻め、J.ソウザのミスを誘いデュースまでもつれずに錦織がキープ。最後は錦織のフォアハンドウィナーが決まる!!

  • 第7ゲーム:J.ソウザがキープ

J.ソウザのサービスエースから始まり、錦織が1ポイント返すもその後はJ.ソウザは3ポイント連取しキープ。3ポイント全て錦織のリターンがアウト。

  • 第8ゲーム:錦織 圭がキープ

J.ソウザに先制を許すも、錦織のハックハンドウィナーで返しJ.ソウザとのストローク戦を制す。最後は錦織のフォアハンドウィナーが決まりキープ。第3セットも錦織が奪い、ストレートで勝利となった!!!

試合詳細について

  • 1stサーブ成功率

錦織圭:65% J.ソウザ:56%

  • 1stサーブ時得点率

錦織圭:77% J.ソウザ:73%

  • 2ndサーブ時得点率

錦織圭:71% J.ソウザ:38%

  • サービスエースの本数

錦織圭:3本 J.ソウザ:9本

  • ダブルフォルトの数

錦織圭:3本 J.ソウザ:1本

 

1stサーブの得点率が両者とも70%を超えているのは流石です。

圧倒的に差が出たのは2ndサーブでの得点率ですね!

錦織は70%越えに対し、J.ソウザは38%。

この差でブレーク出来たかが分かります。

錦織は2ndサーブからでも、得点をあげることが出来ているので今日の結果は彼にとって素晴らしいものになりました。

この数値を維持出来れば、ジョコビッチやナダルの世界ランク上位の選手とも戦える気がしますね~

 

試合後の錦織のコメントについて

「3セット目は1番よかった。リラックスできていたのもある。(第1セットは)どっちが取ってもおかしくないセットだった」

 

「(4回戦のカレノ=ブスタは)サーブもそれなりにいいですし、今日(ソウサ)に近いような選手。ストローク戦が長くなるだろうし、自分が崩していかないと簡単には勝てない」

 

「(大坂なおみの3回戦は)ここから逆転するのかと、ビックリはしました。よく頑張ったなと思います」

引用:テニス365.net

大坂なおみの試合結果について

大坂なおみ

大坂なおみ VS シェ シュウェイ

大坂なおみ3回戦目の相手は世界ランク28位シェ シュウェイ(台湾)選手です。

日本と台湾ととても近いアジア人同士の戦いになりました。

結果は2-1(5-7、6-4、6-1)で大坂選手の逆転勝ちとなりました!

なおみちゃん、オメデトウ!(^^)!

3回戦は逆転勝ちとなりました!!!!

大舞台で先にブレークを許し、1セットを先取されるも慌てずに自身を鼓舞しプレッシャーに負けずに戦った彼女は素晴らしいです(^-^)

見事な逆転勝利でした!

 

第1セット(大坂5-7)

第5ゲームまではお互いに一歩も譲らずにキープ。

動いたのは第6ゲーム。シェ シュウェイに3ポイント連取される、その後サービスエースを含む2ポイントを返すもデュースに持ち込むことなくブレークを許す。

第7ゲームではシェ シュウェイのダブルフォルトから4ポイント連取し大坂なおみがブレークバックに成功する。

そして第9ゲームでも大坂なおみはブレークに成功するも、第10・12ゲームとブレークされてしまい、第1セットを落としてしまう・・・

  • 第1ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第2ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第3ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第4ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第5ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第6ゲーム:シェ シュウェイ ブレーク
  • 第7ゲーム:大坂なおみ ブレーク
  • 第8ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第9ゲーム:大坂なおみ ブレーク
  • 第10ゲーム:シェ シュウェイ ブレーク
  • 第11ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第12ゲーム:シェ シュウェイ ブレーク

第2セット(大坂6-4)

第1セットを取られて後がない大坂選手ですが、第2ゲームで先にブレークを許してしまう結果に。

しかし、大坂選手は落ち着いていました。逆転するチャンスを淡々と狙っていました。

第4・6ゲームとキープし、ゲームカウント2-4で迎えた第7ゲーム。

シェ シュウェイに3ポイント先取されるも、大坂選手は諦めていませんでした。

そこから怒涛の6連続ポイントでブレークに成功。渾身のガッツポーズを決めます。

第8ゲームはキープ。

第9ゲームは大坂選手が攻め立てて1ポイントしか許さずに再びブレークに成功!

第10ゲームはキープし、第2セットを奪う!!!!

  • 第1ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第2ゲーム:シェ シュウェイ ブレーク
  • 第3ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第4ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第5ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第6ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第7ゲーム:大坂なおみ ブレーク
  • 第8ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第9ゲーム:大坂なおみ ブレーク
  • 第10ゲーム:大坂なおみ キープ

第3セット(大坂6-1)

運命の第3セット。大坂選手は気合十分です。コートではあまり感情を出しませんが、心の中は勝つことで燃えていたと思います、メルボルンの気温以上に!

第1セットからいきなりブレークに成功!シェ シュウェイのダブルフォルトもあり、大坂選手が決めます。

第2~4ゲームはお互いにキープ。

ゲームカウント3-1で迎えた第5ゲーム。大坂選手は相手のポイント後4ポイント連取し、3セット目で2回のブレークに成功する!

第6ゲームはキープ。

第7ゲームも鋭いストロークでデュース戦を制し、3回目のブレークに成功。

6-1で第3セットを奪い、勝利!

  • 第1ゲーム:大坂なおみ ブレーク
  • 第2ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第3ゲーム:シェ シュウェイ キープ
  • 第4ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第5ゲーム:大坂なおみ ブレーク
  • 第6ゲーム:大坂なおみ キープ
  • 第7ゲーム:大坂なおみ ブレーク

まとめと総評

今回は全豪オープン1/19の男子/女子シングルスの結果と錦織圭・大坂なおみの試合結果について紹介しました。

 

錦織圭・大坂なおみは無事に3回戦を突破し、ベスト16になりました。

錦織はストレート勝ち、大坂選手は逆転勝ちと素晴らしい結果を残しました。

お互いに優勝出来るスキルを持っていると思うので、勝ち進んでほしいです。

調子の良い状態を維持してベストな状態のテニスをしてほしいですね。

 

皆で錦織圭と大坂なおみを応援しましょう!!!

 

今日も

Let’s enjoy the tennis!!

 

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*